ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

シーフードコーナーで売れている「海鮮漬けちらし」

Photo by akiharahetta

1,980円(税込)
輸入商品のイメージが強いコストコでお寿司⁈と思われるかもしれませんが、これが大人気。試食で食べてファンになったという声をよく聞きます。鮮度の良いシーフードを使っているので、とても味がいいんですね。

握り寿司は大人数用のものがありますが、本記事でご紹介する「海鮮漬けちらし」はほどよい大きさで少人数向き。そんなところも人気の集まる理由です。

気になる具材は?

Photo by akiharahetta

具材は、サーモン、甘えび、いくら醤油漬け、本まぐろ。もうお気づきですよね、子供の好きな寿司ネタばかりです。酢飯を覆いつくすほどたっぷりのっており、しかも本まぐろを使っているとはなんとも贅沢。

2~3人前で1,980円(税込)は、ずばりお値打ち価格です!人気の理由がまたひとつ見つかりました。

実際の味は?

Photo by akiharahetta

肝心の味はどうでしょうか?器に盛っていざ実食です。酢飯と海鮮の割合は1:1くらい。脂のりの良いサーモンと本まぐろは旨みたっぷりで、とろけるような舌触りでした。いくらも結構入っています。高コストパフォーマンスですよ!

おすすめのアレンジ方法

海苔でクルっと巻いて。手巻き寿司

Photo by akiharahetta

どうやって食べてもおいしい「海鮮漬けちらし」。海苔で巻くとさらにおいしくいただけます。手巻き寿司にアレンジしてみてはいかがでしょうか。お好みの大きさに切った海苔で、わさびを多めにしてお楽しみください。具材が多いので、日本酒のおつまみとしてもおすすめですよ。

野菜を足して。サラダ海鮮漬けちらし

Photo by akiharahetta

野菜ソムリエの資格を持つ筆者のおすすめアレンジです。お寿司メインの献立は野菜不足になりがち。だったらいっそ野菜をトッピングしてしまうのもひとつの手です。葉物野菜が口の中をさっぱりさせてくれ、飽きずに食べられますよ。

消費期限は当日

Photo by akiharahetta

新鮮さが勝負のお寿司ですから消費期限は当日。作ったその日に食べきりましょう。冷凍保存は味がかなり落ちてしまうのでおすすめできません。多いなと思ったら、2回に分けて昼と晩で食べきるか、お裾分けしてして消費してくださいね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ