ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

ネクタリンとは

ネクタリンは桃の一種。変種として中央アジアのトルキスタン地方で6~7世紀に誕生したといわれています。ギリシャ神話に登場する美酒「ネクタル」が名前の由来です。

日本で食べられるようになったのは明治時代以降。和名は「ズバイモモ」で、「ツバキモモ」と呼ばれることもあります。

ネクタリンの特徴

※画像はイメージです
ネクタリンは桃にくらべると酸味が強いのが特徴。果肉は黄色で、硬くしっかりしています。完熟したネクタリンはジューシーで、味がより濃くなります。甘く芳醇な香りは桃に似ています。

桃やすももとの違い

ネクタリンと桃の一番の違いは皮。ネクタリンの皮がつるつるしているのに対し、桃の皮には細かい毛があります。また、すももは皮や形がネクタリンによく似ていますが、分類が異なります。ネクタリンはバラ科モモ属、すももはバラ科スモモ属に属します。

主な品種とその特徴

ファンタジア

カリフォルニアで米国農務省(USDA)が交配育成し、1969年に発表された品種です。ジューシーで甘みと酸味のバランスが良いのが特徴。1970年に日本に導入され、現在日本で栽培されているネクタリンの主要品種となっています。

秀峰(しゅうほう)

ファンタジアに次ぐ主要品種です。酸味が少なく、味・品質どちらも良いと人気。重さが250〜280gほどと比較的大きめなのが特徴です。

ワッサー

長野県でしか手に入らない希少品種です。桃とネクタリンの自然交配で偶然誕生したネクタリンで、300gほどの大きな実と淡い黄色の果肉が特徴です。糖度が14%と高く、酸味が少ない品種。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ