2. わかめとマロニーのさっぱり和え

わかめとマロニーで作る、さっぱりとした和え物です。わかめには、水溶性食物繊維が豊富に含まれています。水溶性食物繊維は、糖質の吸収をゆるやかにするはたらきがあります。血糖値の上昇を抑えるので、糖質を多く含むマロニーと組み合わせて食べるのがおすすめですよ。(※9)

3. マロニー入り具沢山味噌汁

鶏肉や小松菜、マロニーを入れる具沢山の味噌汁です。朝は、脂肪の合成を促すBMAL1(ビーマルワン)が低い時間帯。また、朝食を食べると体温が上がって、エネルギーの代謝が上がります。このひと品でたんぱく質や糖質などの栄養素がしっかりとれるので、ダイエット中の朝ご飯にもおすすめですよ。(※14,16)

ダイエット中はマロニーのカロリーに注意しよう

もちもちとした食感がおいしいマロニーですが、ダイエット中に食べるときは量を決めて食べるようにしましょう。

マロニーはでんぷんから作られているため糖質が多く、食べ過ぎると肥満の原因になります。あらかじめ量を決めて食べれば、食べ過ぎを抑えることができますよ。

くせのない味わいなので、中華麺やスパゲティなどの代わりとしても使えるのが魅力的です。ダイエット中はマロニーのカロリーを意識して、楽しんでくださいね。
【参考文献】
(2021/04/06参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ