マロニーの栄養

糖質

マロニーはでんぷんから作られているので、糖質を多く含みます。

糖質は体に取り込まれたあと、素早くエネルギーとなって脳や体を動かす力になる栄養素です。体内には少量しか貯められないので、エネルギーとして使われた分は食事から摂取して補充する必要があります。

しかし、とりすぎると中性脂肪となって体に蓄積されます。ダイエット中は、食べ過ぎないように注意しましょう。(※8)

食物繊維

マロニーの材料になるじゃがいもやとうもろこしには、食物繊維が含まれています。

食物繊維は、水溶性と不溶性の2種類があります。水溶性食物繊維は、胃や腸の中をゆっくりと移動するため、お腹が空きにくくなり食べ過ぎを抑えたり、糖質の吸収をゆるやかにしたりするはたらきがあります。

不溶性食物繊維は水分を吸収して膨らむので、腸の運動を活発にして便通を促す作用がありますよ。(※9)

マロニーとしらたきの違い

どちらも細長い形状のマロニーとしらたきですが、原材料はまったく違います。

マロニーは、じゃがいもやとうもろこしのでんぷんから作られますが、しらたきはこんにゃくいもから作られます。しらたきの約97%は水分で、100gあたりのカロリーは6kcal、糖質量は0.1gと、低カロリー・低糖質な食材です。

マロニーは糖質を多く含むでんぷんが原材料なので、しらたきと比べてカロリーや糖質が高くなります。(※1,4,10)

マロニーをダイエット中に食べるコツ

食べる量を決める

つるつるとしていて喉ごしの良いマロニーですが、ダイエット中は食べ過ぎに注意しましょう。マロニーに多く含まれる糖質は、とりすぎると脂肪となって体に蓄積されるので、肥満の原因になります。

ダイエット中に食べるときは、一度に食べる量だけを料理に使いましょう。あらかじめ食べる量を決めれば食べ過ぎることがなく、カロリーや糖質のとりすぎを抑えられますよ。(※11)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ