調理油を使わない

ダイエット中はマロニーに含まれる糖質以外にも、料理で使う油に気をつけましょう。糖質1gあたりのカロリーは4kcalですが、脂質は1gあたり9kcalで、糖質よりカロリーが高いため注意が必要です。

マロニーをダイエット中に食べるときは、ノンオイルドレッシングのサラダや、スープ、鍋などの油を使わない料理で楽しむのがおすすめ。(※12)

主食の代わりに食べる

マロニーをたくさん食べるときは、糖質が多く含まれる主食の代わりにしましょう。

たとえば、ゆでた中華麺100gあたりのカロリーは149kcal、糖質は27.9gですが、ゆでたマロニー100gあたりのカロリーは87kcal、糖質は21.7gです。マロニーと中華麺を同じ量で置き換えると、カロリーや糖質が低くなるのでヘルシーに食べることができますよ。(※1,5)

マロニーの太りにくい食べ方

野菜や海藻のおかずと組み合わせる

ダイエット中は水溶性食物繊維が豊富な野菜や、海藻のおかずとともにマロニーを食べるようにしましょう。

糖質が多いマロニーをたくさん食べると、食後の血糖値が急上昇して、糖質を脂肪に変えて体にため込む作用をもつホルモンが過剰に分泌されます。

水溶性食物繊維は糖質の吸収をゆるやかにするはたらきがあるので、マロニーと組み合わせて食べると血糖値の急上昇を抑えることができますよ。(※9,13)

食べる時間を工夫する

ダイエットをするには、食べる時間を工夫することも大切です。

ダイエット中にマロニーを食べるときは、BMAL1(ビーマルワン)という脂肪の合成を促すたんぱく質がもっとも低下する、午前6時から午後4時までに食べるのがおすすめ。

午後4時以降は、BMAL1(ビーマルワン)がしだいに増えていきます。摂取したエネルギーが脂肪として蓄えられやすくなるので、夕食の時間は遅くならないよう心がけましょう。(※14)

ダイエット中におすすめ。マロニーのレシピ3選

1. マロニーのボンゴレビアンコ

マロニーで作る、ボンゴレのレシピです。スパゲティー1人分(100g)のカロリーは378kcalですが、このレシピで使うマロニー(30g)のカロリーは105kcalなので、とてもヘルシーに仕上がります。マロニーがあさりのうまみをたっぷり吸ってくれますよ。(※1,5,15)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ