ライター : やむ

温泉旅行好きグルメライター

温泉ソムリエの資格をもつフリーライター。持ち前のリサーチ力と行動力でたくわえた、おいしいグルメ情報を発信します。

野菜ジュースで栄養をサポート

野菜ジュースの魅力は、1日に必要なビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素を補えることです。

仕事や家事、育児で忙しい毎日を送っている方は、料理にかける時間がなかなかとれず野菜不足であることがほどんど。1日の目標野菜摂取量である350gを食事で摂取しようと考えると大変ですよね。野菜ジュースで不足分をサポートしてみるのもおすすめです。(※1)

野菜ジュースの注意点

毎日の野菜不足をすべて野菜ジュースでカバーしようとするのは注意が必要です。野菜ジュースはあくまでも補助的な役割であり、かえってエネルギー過多や糖質過多になる場合も。野菜ジュースに含まれる砂糖をはじめとする添加物は、健康面において気になる点でもあります。

野菜ジュースは補助食品として活用しましょう。

野菜ジュースの選び方

カロリー・糖質・添加物をチェック

野菜ジュースは栄養不足を補えるメリットがありますが、より健康に配慮したものを選ぶにはカロリーや糖質、添加物も確認しましょう。

カロリーは70kcal前後が一般的であり、糖質オフや無添加野菜が使われているタイプは、20~40kcalと低カロリーの場合が多いです。一方、果汁たっぷりでフルーティな味わいの野菜ジュースは、カロリーや糖質が高い傾向にあります。

飲みやすさも大事!

栄養バランスが優れているだけではなく飲みやすさにもこだわると、生活に野菜ジュースを取り入れやすいです。果汁がほとんど使われていない野菜ジュースは、にんじんベースとトマトベースの2つに大きくわけられます。

・にんじんベース:やさしい甘さがあり飲みやすい
・トマト:栄養価が高い分、野菜臭さを感じることも

野菜嫌いの方は、果汁が多く含まれる果汁ミックスタイプをみてみましょう。果汁入りの野菜ジュースを選ぶときは、カロリーや糖質を確認してくださいね。

飲みきりやすい容量を選ぶ

紙パックタイプは200~330ml、ペットボトルは900ml前後と2タイプあります。「毎回決まった量を飲みたい」「職場に持っていきたい」という方は、手軽に購入できる紙パックタイプがおすすめです。

「野菜ジュースは家で飲む」「ゴミを減らしたい」という方は、大容量のペットボトルタイプを選びましょう。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ