ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

584名のラバーの声もお届け!サーティワンの最新人気ランキング

Photo by macaroni

<調査概要>対象:macaroni読者(20〜60歳までの男女)/調査期間:2021年3月22日3月30日/方法:macaroni記事で募集/回答者数:584名
多彩なフレーバーとポップな見た目が大人気の「サーティワン アイスクリーム」。この記事では、そんなサーティワンの最新人気ランキングを発表!

ランキング結果をもとに macaroni 読者対象にアンケートを実施したところ、584名のラバーの熱い思いが届きました。いくつかのコメントもあわせてご紹介します。自分の好きなフレーバーがランクインしているか、楽しみながらご覧ください♪

※本ランキングは2020年の年間ランキングを元に作成しております。

10位「チョコレート」

Photo by macaroni

「スモール」280円「レギュラー」390円※参考価格で店舗により異なります。 「日本発売開始 1974年」
10位は2種類のココアを使ったコク深い味わいのチョコレート。「濃厚さがたまらない王道な味」「とにかく濃い……!」と、チョコ好きたちを納得させるおいしさです。

「しっかり濃いのに甘すぎないもうれしい」というコメントも多く、本格的なチョコレートの香りを楽しんでいるようですね。

チョコをそのまま食べているかのような濃さ

Photo by macaroni

筆者も大のチョコ好きなので結構厳しめになってしまいますが……。これはすごい、チョコレートそのものを食べているかのような濃さ!

一般的なチョコレートアイスクリームは、砂糖の割合が多くカカオ本来の味が薄れてしまうことが多い印象がありますが、まったくそんなことはありませんでした。このコクはチョコ好きがトリコになってしまうのも頷けます。

9位「ラブポーションサーティワン」

Photo by macaroni

「スモール」280円「レギュラー」390円※参考価格で店舗により異なります。 「日本発売開始 2006年」
9位は “恋の媚薬” の意味をもつラブポーションサーティワン。ラズベリーとホワイトチョコのアイスクリームに甘酸っぱいハートのお菓子がアクセント。

実はこのフレーバー、2006年にバレンタイン限定で登場したもの。女性のあいだで人気に火がつき、その後スタンダードフレーバーになったんですよ♪

「見た目がかわいいのでデートで食べたくなるし、持っているだけで気分が上がる」「ハート型のお菓子がたまらない」など、見た目の評価はダントツ1位!

味わいも「チョコはビターで、ラズベリーの爽やかさが甘さを控えめにしてくれている」「ごろっと入っているお菓子と中の甘酸っぱいソースが相性抜群」と高評価でしたよ。

お菓子の食感と甘酸っぱいソースがポイント

Photo by macaroni

TOP10に入るのも納得なバランスがとれたアイスクリームといえるでしょう。ラズベリーとホワイトチョコのアイスクリームだけでも十分満足感がありますが、そこに甘酸っぱいハートのお菓子が合わさることで、さらに幸福度が高まる味わいになっています。

恋の媚薬という意味をもつフレーバー名だけあって、恋愛をしたときに体験する、幸せ=甘さと、辛さ=酸っぱさを見事に味で表現しています。お菓子をかじったときのカリッとした食感と、とろっとしたソースは何度食べてもクセになりますね♪

8位「バニラ」

Photo by macaroni

「スモール」280円「レギュラー」390円※参考価格で店舗により異なります。 「日本発売開始 1974年」
バニラの豊かな香りにとことんこだわったサーティワンの自信作。数ある特徴的なフレーバーをおさえて、8位にランクインです。「定番で間違いないおいしさ」「いつ食べても期待を裏切らない」など、何度もリピートしているファンが多い印象でした。

コンビニやスーパーでも手に入れやすいフレーバーですが、「市販のバニラと比べると、濃厚さが全然ちがう」と“サーティワンだからこそ買う” という人が多かったです!
Photos:21枚
アイスクリームをすくっている手元
チョコレートアイス
チョコレートアイス
チョコレートがのっているアイス
チョコレートとアイス
バニラアイス
バニラアイス
カップに入っているチョコアイス
チョコチップが入っているアイス
チョコミントのアイス
チョコミントアイス
カップに入っているアイス
クッキーが入っているアイス
カップに入っているアイス
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ