ソフト界の王様!「クレミアソフトクリーム」の未知なる濃厚さに感動♩

一度食べると忘れられないおいしさと話題になっているのが、最高級の『クレミアソフトクリーム』なんです。濃厚なアイス部分はもちろん、コーンもラングドシャを使用するというこだわりのひと品、ぜひ食べてみてはいかがでしょうか?

2017年11月15日 更新

感動モノの『クレミア』!

子どもの頃はよく食べたソフトクリームも、大人になるにつれて徐々に食べなくなってしまうという人が多いかもしれません。しかし、その20〜30代の女性をターゲットに開発されたソフトクリームがあるのをご存知でしょうか?それが、『クレミア』なんです。

発売以来、人々を虜にしてきた魅惑のソフトクリーム。これは、誰しも一度は食べる価値がありそうです!なんでも、食べたことがある人によると、一度食べるとやみつきになるほど、超高級ソフトクリームなんだとか……!

どこが特別なの?

クレミアは最高級の生ソフトクリームであり、そのおいしさの秘密は乳脂肪分15%、生クリームが全体の25%という、北海道生まれの上質な生クリームを惜しげもなく使っていること。通常のソフトクリームの乳脂肪分8%とくらべても、そのリッチ感がわかります!お値段も500円(+税)と少々高めですが、食べればその価値があると分かるでしょう。

クレミアの一番の特徴は、乳脂肪分の高さ。一般的なものが8.0%程度なのに対して、クレミアはなんと12.5%。生クリームを全体で25%も使用しているため、普通のものよりもずっと濃厚で、コク深い味わいを楽しむことができるんです。

しかし他にも魅力的なところがたくさんあるんです!今回はそんなクレミアについてたっぷりお伝えしていきますよ。

巻かないソフトクリーム!

そのおいしさはお墨付きで、世界トップクラスのシェフとソムリエたちによって審査が行われる国際味覚審査機構(iTQi)の総合評定で最高ランクの「三ツ星」評価を獲得したとか!

そして、ソフトクリームなのに巻いていないところも、クレミアの特徴のひとつです。これはこのソフトクリームに、他とは一線を画した高級感を求めていたから。このフォルムが、さらにプレミアム感をアップさせています。

コーンはラングドシャ

コーンはなんとラングドシャで作られています!ラングドシャ特有のサクサク感を残しつつ、クリームが隙間から漏れ出さないようにするには度重なる生地の作製、製造方法の試行錯誤があったそうです。そして、苦労に苦労を重ねた結果生まれたコーンは、濃厚なソフトクリームのおいしさを引き立てる、いわば縁の下の力持ちのような、優しく軽い食感に仕上がっています。
ラングドシャのコーンは、濃厚なクレミアを受け止めるのにふさわしいほど濃厚で上質な食感だそうで、高級菓子のあのイメージのままだそう。コーンもクレミアのプレミアム感を演出してくれています。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう