クエン酸水をキッチンで活用する方法

シンクまわりの水垢

水垢は、水道水に含まれる炭酸カルシウムやケイ素、塩素などのミネラルが固まったものです。炭酸カルシウムは酸と反応する性質をもつため、クエン酸水で取り除くことができます。

軽い水垢汚れは、クエン酸水をスプレーしてスポンジでこすればOK。汚れがひどい場合は、クエン酸水で湿らせたキッチンペーパーを貼りつけ、乾燥しないようにラップで覆いましょう。1〜2時間後にこすり洗いし、水で洗い流して拭き取れば完了です。

キッチンアイテムの水垢

電気ポットやケトルには、お湯を沸かすときに水道水に含まれるカリウムが固まり、水垢がこびりついてしまうことがあります。カリウムはアルカリ性なので、クエン酸水を使って汚れを落とすことができますよ。

お手入れの際は、ポットやケトルにクエン酸水を満水まで入れて沸騰させ、そのまま1~2時間放置するだけ。お湯を捨てたら内部を丁寧に洗ってください。

また、水垢がつきやすい水筒にもクエン酸水を活用できます。水筒にクエン酸水を入れて2~3時間経ったら、よく洗い流してお手入れ完了です。

※各製品の取扱説明書をご確認のうえ、製品に合ったお手入れをおこなってください。

キッチン以外の場所にも使える!

鏡の水垢

浴室や洗面所の鏡についたウロコ状の汚れ。実は、水道水に含まれるミネラル分が結晶化した水垢なんです。前述のシンクまわりやキッチンアイテム同様、アルカリ性の汚れなのでクエン酸水が活躍しますよ。

部分的な汚れや軽い汚れは、クエン酸水を含ませた布で拭き、別の布で乾拭きをすればOKです。汚れがひどい場合は、クエン酸水をスプレーしたあとでキッチンペーパーを貼りつけ、ラップで覆って1時間ほど放置します。スポンジでこすったら、水で流して乾拭きしましょう。キッチンペーパーが乾燥しないよう、たっぷりスプレーするのがポイントです。

浴室の白い石鹸カス

浴室の床やカウンターなどにこびりついた白い汚れは、石鹸カスによるもの。石鹸成分が水道水や体の汚れと反応して作られる汚れで、水洗いでは落とすことができません。「金属石鹸」と呼ばれるこの石鹸カスは、アルカリ性のためクエン酸水を使う掃除が有効。無理にこすらず、前述した鏡の水垢汚れ同様、キッチンペーパーとラップで湿布のようにすると汚れが落ちやすくなります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ