ライター : 荻野愛

管理栄養士・フードコーディネーター

管理栄養士免許取得後、大学助手として勤務。栄養教育分野を中心とした教育・研究に携わる。 現在は、やんちゃな男の子3人の育児のかたわら、フリーランス管理栄養士として活動中。 "you…もっとみる

ウニの栄養や効果効能

たんぱく質

ウニには、100gあたり16.0gのたんぱく質が含まれています。

たんぱく質は、エネルギー源となるほか、筋肉や皮膚などを構成するのに欠かせない栄養成分。体の機能を調節する、ホルモンや酵素のもとになります。不足すると体力や免疫力の低下を招きます。(※1,2)

脂質

ウニには、100gあたり4.8gの脂質が含まれています。

脂質は、エネルギー源となる栄養成分です。そのほか、ホルモンや細胞膜を構成したり、皮下脂肪となって、寒さから体を守ったりするはたらきも。また、脂溶性ビタミンの吸収を促すのにも欠かせません。

しかし、脂質は摂り過ぎてしまうと、中性脂肪として体内に蓄えられ、肥満につながるので注意が必要です。(※1,3,4)

ビタミンB2

ウニには、100gあたり0.44mgのビタミンB2が含まれています。

ビタミンB2は、皮膚や粘膜を健康に保ったり、エネルギー代謝を助けたりするビタミンです。不足すると、皮膚や粘膜が荒れやすくなります。

また、エネルギーをたくさん使う方ほど、多くのビタミンB2が必要です。そのため、毎日の食事から意識的に補給するのがおすすめですよ。(※1,5)

葉酸

ウニには、100gあたり360μgの葉酸が含まれています。

葉酸は、ビタミンB群のひとつで、血液の主成分となる赤血球の産生を助けるビタミンです。胎児の発達をサポートするはたらきがあるため、妊娠中や妊娠を望んでいる女性に対しては、積極的な摂取が勧められています。

ウニをはじめ、幅広い食べ物に含まれているので、通常の食事をしていれば不足の心配はありません。しかし、成長期の子どもでは、成長のために葉酸が多く必要となるため、不足しないように注意しましょう。(※1,6)

ビタミンE

ウニには、100gあたり3.6mgのビタミンEが含まれています。

ビタミンEは、高い抗酸化作用をもつ脂溶性ビタミンです。紫外線の刺激から肌を守る、悪玉コレステロールの酸化を抑える、血管の健康を保つなどのはたらきがあります。

不足すると、体の冷えや肩の痛み、肌トラブルなどが起こりやすくなります。(※1,7)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ