ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

サクほろ。ローソンの新作チョコスイーツ

Photo by muccinpurin

2021年1月19日(火)、ローソンから新作パン「マチノパン 焼チョコタルト」が発売されました。

チョコレート生地とくるみを混ぜたナッティなタルト生地を組み合わせた、コーヒーのお供にぴったりなスイーツを実食レビュー。見た目は地味ながら実は……。

マチノパン 焼チョコタルト

Photo by muccinpurin

「マチノパン 焼チョコタルト」135円(税込)
”脱、コンビニ袋パン” を意識し、素材や製法位こだわったバラエティ豊かなアイテムを展開する「マチノパン」。

今回発売された焼チョコタルトは、生クリームとココアを使ったしっとり食感のチョコレート生地と、チョコタブレットとコーヒーで風味をプラスしたくるみ入りタルト生地を合わせた、いわばパンと焼き菓子のあいだのようなアイテムです。

Photo by muccinpurin

タルトと聞くと丸いイメージがありますが、長方形型だとブラウニー感が強く、袋ごと持ちやすいので手軽に食べられていいかもしれませんね。

Photo by muccinpurin

半分にカットしてみると、タルト生地とチョコレート生地のあいだにチョコタブレットがちらり。刻んだくるみも見えますね。香ばしくっておいしそう~♪

魅惑のざくざくほろり食感

Photo by muccinpurin

チョコレート生地部分はブラウニーに似たほろほろ食感。しっとり感がありつつも、多少空気が入ることで口のなかでスッとなくなる、口どけのいい食べやす生地に焼き上がっていますよ。

ボトムのタルト部分は噛むほどにくるみの香ばしさが広がる、ナッティな味わい。このタルト生地の味がとても好みで、この部分だけ商品化してもいいのでは……というレベル。チョコレート生地部分の味わいを引き立てつつも、じゃましない絶妙な存在感を放っています。

焼きっぱなしのブラウニーやガトーショコラは生地がひとつで食感に変化がなく、単調になりがちですが、マチノパンのチョコレートタルトはタルト生地とチョコレート生地のあいだにタブレットがサンドされることで、飽きることなく食べすすめられますよ。

Photo by muccinpurin

タルト生地とチョコレート生地のあいだには、チョコタブレットがサンドされているので、サクサク、ほろほろ、パリン!とさまざまな食感が楽しめますよ。

ドリンクを合わせるならコーヒーでもいいですし、筆者個人的には濃いめに煎れたほうじ茶がおすすめです。香ばしいほうじ茶の香りとビターなチョコレートの味わいが絶妙にマッチ。充実したティータイムが送れることをお約束します。

甘い系がお好きならほうじ茶で作ったミルクティーもいいかもしれません。

ほろ苦ビターなオトナのチョコタルト♪

Photo by muccinpurin

ローソンの新作パン「マチノパン 焼チョコタルト」をご紹介しました。ほろほろ食感のビターなチョコレート生地が味わい深く、タルト生地のサクサク感、タブレットのパリパリ感が加わることで食感の変化が付き、シンプルな焼菓子ながら飽きずに食べられる凝った作りのスイーツでした。

長方形の珍しいタルトは、ワンハンドでも食べやすいようになっているので、ぜひ気取らず気軽に楽しんでくださいね♪
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:マチノパン 焼チョコタルト
■内容量:1個
■価格:135円(税込)
■カロリー:1個あたり388kcal
■販売日:2021年1月19日(火)
■販売場所:沖縄地域を除く全国のローソンまたはナチュラルローソン各店
※店舗によって、取り扱いがない場合があります。
Photos:7枚
皿に出したマチノパン 焼チョコタルト
マチノパン 焼チョコタルトのパッケージ
袋から皿に出したマチノパン 焼チョコタルト
半分にカットしたマチノパン 焼チョコタルト
フォークでカットしたマチノパン 焼チョコタルト
フォークでカットしたマチノパン 焼チョコタルト
皿にのったマチノパン 焼チョコタルト
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ