「セロトニン」を多く含む食べ物とは?ハッピーホルモンを増やそう♪

セロトニンという物質の名前を聞いたことはありますか?実は体内で作ることができないため、食材から摂取しなければなりません。身体にとってとても重要で、精神状態も左右してしまう恐れがあるんです。食生活を見直して効率的に摂取しませんか?

2018年4月4日 更新

幸せホルモン「セロトニン」とは?

三大神経伝達物質のひとつである「セロトニン」って聞いた事はありますか?実はこの物質、体内でとても重要な役割を果たしているんです。
セロトニンとは、心身の安定やバランス、また睡眠や体温調節などにも関与し、人間の体や精神面を支える重要物質。「幸せホルモン」とも呼ばれ、セトロニンが不足すると、うつ病や不眠症などの精神疾患に陥る危険性もあります。
そのセロトニンを作り出すために重要なのが、必須アミノ酸のトリプトファン。体内では十分な量が合成できず、食事から取り込む必要があります。

セロトニンを活性化させるためのポイント

セロトニンの分泌を促すためにトリプトファンが重要であることが分かりましたが、単純にトリプトファンが多く含まれる食材だけを摂取しても意味がありません。

体内でセロトニンを作り出す状態にするために、合成に必要なエネルギー源である炭水化物、合成を促進するビタミンB6の摂取が同時に必要です。

まずはバナナを食べよう!

バナナは、セロトニンはもちろん、炭水化物、ビタミンB6もバランスよく含まれている身近な食材です。安価でスーパーに行けばいつでも購入できるため、まずはバナナを食べて、セロトニンを増やしましょう!

セロトニンを多く含む食べ物

食品中に含まれるトリプトファン量は、たんぱく質量の約1%と言われています。よって、たんぱく質の多い食品、つまり大豆や乳製品、魚類や肉類などを摂取することが望ましいです。今回は、トリプトファンを多く含む食材をご紹介します。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ぽん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう