ライター : 嶋田コータロー

お土産マイスター

兵庫県在住のお土産マイスター(観光特産士マイスター保有)。子供のころから甘党で初恋の相手はおはぎ。各地の銘菓やご当地モノに目がなく、これまで500以上のお土産菓子を食べてきまし…もっとみる

北海道十勝の人気土産「あんバタサン」

Photo by 柳月

あんとバターが絶妙にマッチした「あんバタサン」。2018年の発売以降じわじわと人気を集め、北海道十勝の新しいお土産として注目されています。

そんな「あんバタサン」の味わいやおいしさの秘訣を、製造元「柳月(りゅうげつ)」に聞いたお話を交えてご紹介。お取り寄せして食べたくなる、楽しいお菓子ですよ!

「あんバタサン」ってどんなお菓子?

Photo by 嶋田コータロー

あんバタサンは、バウムクーヘン「三方六(さんぽうろく)」で有名な、「柳月(りゅうげつ)」が作るサブレサンド。十勝産の小豆とバターがふんだんに使われていて、発売当時から「北海道らしいお菓子」として人気を呼んでいます。

2019年には、十勝を舞台にしたNHKの朝ドラに、あんバタサンと似たお菓子が登場したことで、一気に知名度が高まりました。(実際に昔の十勝の様子について、NHKからの取材があったそうですよ)

ネットでも「クリームがやさしい味でおいしい♪」「売り切れて買えなかった」「パッケージのおじさんは誰?」など、さまざまな口コミがあり、注目を集めています。一体、どんな味わいなのか、気になりますね。

「あんバタサン」のふたつの魅力

1. 甘味と塩気が絶妙な「あんバタークリーム」

Photo by 嶋田コータロー

4個入600円(税込)~
あんバタサンの魅力は、なんといっても、あんバタークリームです。

「比率は、あん:バター=4:6です。あんとバターの両方の味わいが一番出て、おいしく絡み合う配合です」(柳月・阿部さん)

小豆の甘味とバターの塩気のバランスが、なんともいえないほど絶妙で、クセになります。なめらかであと味もよく、次々に食べたくなりますよ。

Photo by 嶋田コータロー

一気に食べてしまいたくなりますが、ゆっくり噛みしめながら味わうのがおすすめ。中に入っている小豆の粒に歯が当たると、じんわりとやさしい甘味が広がります。

2. サクサク食感の「サブレ」

Photo by 嶋田コータロー

もうひとつの魅力は、サクサク食感のサブレ。厚みがありバター風味たっぷりなので、サブレだけでも食べたくなるおいしさです。

十勝産の小麦粉を使い、絶妙な歯ざわりになるよう、食感にもこだわって作られています。また、あんバタークリームの甘味が引き立つよう、北海道オホーツクの塩が隠し味に使われているんですよ。

子供から年配の方まで、誰にでも食べやすいあんバタサンは、友人へのお土産や家族のおやつなど、いろいろなシーンで利用したくなります。

おいしい食べ方&楽しみ方

数日置いて「しっとり感」を楽しむ

Photo by 嶋田コータロー

写真は5日間置いたものです。購入直後よりも、ややしっとり感が出ています。

「おすすめは、1週間くらいです。厚めのサブレが、あんバタークリームになじんで、しっとりケーキのような食感になります」(阿部さん)

日持ち期間の15日間で、どんなふうにしっとり感が変化するか、いろいろ試してみると楽しいですよ。

冷蔵庫で冷やして「ひんやり感」を楽しむ

Photo by 嶋田コータロー

ひと晩、冷蔵庫に寝かせてみました。サブレ、あんバタークリームともにひんやりして、味が引き締まった感じがします。

コーヒー、紅茶などの温かい飲み物と合わせてもおいしいです。夏場は、クッキーサンドアイスのような感覚で食べるのも良いですね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ