ライター : 岡本翔子

占星術研究家

ロンドンにある英国占星学協会で、心理学をベースにした占星術を学ぶ。英国占星学協会会員。占星術と料理、コスメ、旅などを組み合わせたコラムを女性誌やWEBマガジンなどの連載を中心に…もっとみる

いよいよ「風の時代」へ。双子座の運勢は?

誰もが予想もしない1年になった2020年が終わり、新しい年がはじまりますね。

そんな2021年ですが、占星術では約200年続いた「地の時代」が終わり、新しい「風の時代」がはじまる年になる……という予測が出ています。

土地やお金など、目に見える分かりやすい成功が"良いもの"とみなされていた「地の時代」から、他人とのつながりや、自分なりの思考とアイデアを大切にする「風の時代」へ。

少し簡単にいうと「守ること」ではなく「共有すること」こそが、より価値を生む時代が訪れる、と私は予測しています。

今まで当たり前だった社会や経済のあり方や、地位や財産など自身がいま手にしているモノに左右されず、まわりの人々とモノや知識や経験を「共有」「共存」していくことで、新しい時代の波に乗れるのが2021年、というイメージです。

また、星の動きは食のトレンドにも影響を与えます。

2021年は「オーガニック」「ホールフード」への関心がますます高まると予想しています。既に新しいサービスも出てきているように、生産者と消費者をつなぐネットワークが発達し、新鮮な野菜のデリバリーが当たり前になるように。

また、少し変わったハイブリッド野菜や、今までになかった新しい食材の組み合わせなども流行しそうな予感がします。そして、コロナ収束後の社会を見すえて、移動型レストランや店舗のシェア、星付きレストランの進化系カジュアル店も増えてきそうですね。

さて、そんな2021年、あなたの星はどう動くのでしょう?

今回は私なりに、あなたが2021年をしなやかに、有意義に過ごすための星からのメッセージをまとめてみました。
▼双子座以外の方の運勢はこちら

【双子座】の運勢|海外関連や語学の習得にツキあり

好奇心が旺盛でフットワークも軽い双子座ですが、2020年は全世界が新型コロナウィルスに翻弄されて、“あなたらしさ”を発揮できない年でした。メンタルが弱っていると、新しいことに取り組む気力も出ません。まずはこの1年の疲れを取るために、年末年始はしっかり休養を取りましょう。

年末に幸運の象徴・木星が水瓶座に入りました。年が明けると精神的にもポジティブになり、明るい未来が描けるようになります。2021年は双子座が大きく飛躍できる年です。「知りたい!」という欲求を満たしていく過程で、謎が解け、自分の進むべき道が見えてきます。

本来ならば旅行や海外に関することにツキがある1年ですが、依然、コロナ禍は続いています。海外に出る機会はまだ先になりそうなものの、世界と自分をつなぐ試みには星の恵みがあります。

たとえば海外在住の方がやっている、オンライン料理セミナーなどに参加してみるのもあり。またインバウンド需要が復活した際に役立つモノやアイデアを考えてみる、またそのシステム作りをおこなっておくと、この先の仕事につながるかもしれません。

また双子座は器用貧乏な面があり、物知りではあるものの専門性に欠けるのが玉にキズです。「いろんなことに手を出してしまうけど、これだけは人には負けないというものが欲しい」と密かに悩む双子座は多いものです。

2021年は、一般職から専門職や技術職への転身を図る絶好のチャンスです。たとえば食に関する資格、食育アドバイザーや野菜ソムリエ、チーズマイスターといった資格を取る勉強をはじめるのもおすすめですよ。

さらにこの先1年間は、語学を学ぶ絶好のチャンス。英語以外の外国語を学んでみるのもひとつのアイデアです。たとえばフランス語やイタリア語のメニューが読めるようになるとレストランに行くのが楽しくなるし、より学習熱も高まります。

3月は愛情面で雲行きが怪しくなる期間。コロナ禍がお互いの本性を露わにしてしまうので、「こんな人ではなかった」とパートナーに失望する出来事もありそう。家族の結束を強めるイベントなどを考えて乗り切りたいものです。

5~6月は要注意期間です。一見、魅力的な話が舞い込みますが、なぜか見通しが甘く面倒なことになりかねません。特に5/30~6/23は水星が逆行するので、契約や転職など、人生の大きな選択は避けましょう。

【双子座】のラッキーフード|現実感覚を強めて頭をクリアにする

占星術では地球上にあるすべての食材は、天の星座や惑星と関係があると考え、その対応関係が長い間、研究されてきました。古代ギリシャ人はハーブと天上の星と病気との関わりを考え、古代ローマの料理人のなかには、占星術の知識を持つ者もいました。

ここで説明する星座と食べ物との関係は、星が授けてくれるちょっとした魔法のようなもの。ワクワクしながら食事をすると、健康にもきっとよい変化があるはずです。これはただ単にモノを食べるのではなく、楽しくそして創造的に食べようという提案です。

食材

双子座の守護星は水星です。水星が支配する豆、セロリ、青菜類、スプラウツ類(豆を発芽させたもの、もやしなど)、いろいろなハーブ(パセリ、ミント、レモングラス、フェンネルなど)は、伝統的に双子座の食材といわれています。また淡白なチキンやターキー、ハムやソーセージなどの加工食品も、双子座らしい食べ物とされています。

これらの食べ物は現実感覚を強め、頭をクリアにしてくれます。アイデアが欲しいとき、知性を呼び覚ましたいときに食べたい食材です。

レシピ|クリアな知性を授ける「タコとひよこ豆のサラダ」

材料(2〜3人分)

・ゆでタコ……100g
・さやいんげん……5本
・セロリ……5cmほど
・ひよこ豆の水煮(市販)……1カップ
A ケッパー……大さじ1杯
A 玉ねぎ(みじん切り)……大さじ2杯
A 酢(ワインビネガーなどお好みのものでOK)……大さじ3杯
A 塩こしょう……適量
A オリーブオイル……大さじ3杯
A 種抜き黒オリーブ(あれば、輪切り)……5個
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ