ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ローソンの雲泡ショートがクリスマスバージョンに!

Photo by muccinpurin

2020年12月15日(火)、ローソンから新作スイーツ「Uchi Café Spécialité 雲泡クリームの苺ショート」が発売されました。

10月に発売された雲泡クリームのショートケーキに苺がトッピングされ、クリスマスらしくドレスアップ。こだわりクリームの雲泡ショートがまた味わえるなんて……!

Uchi Café Spécialité 雲泡クリームの苺ショート

Photo by muccinpurin

「Uchi Café Spécialité 雲泡クリームの苺ショート」320円(税込)
実は今作、10月に発売されたUchi Café Spécialité 雲泡クリームのショートのクリスマスバージョン。

ローソンが誇るスイーツのプライベートブランド、ウチカフェのなかでも「Uchi Café Spécialité(ウチカフェスペシャリテ)」名義で発売されています。同シリーズは発売から約1ヵ月半で、累計販売数900万個以上販売されたというヒットシリーズ。

こだわりぬかれたおいしさのスイーツをコンビニでも味わえるよう、この秋新しく生まれたシリーズなんですよ。

Photo by muccinpurin

見た目にはごくごく普通のショートケーキとそう変わりませんが、じつはこの小さなケーキには数々のこだわりが詰まっているんですよ。外側には、牛乳をブレンドしてコクを際立たせたクリーム。内側には、なるべく軽い口当たりを目指したクリームを使い分け、すっきりとした後味を目指しています。

前回試食した際、このこだわりクリームの軽やかさに感激しっぱなしのレビューをしましたが、あの感動が再び味わえるだなんて。しかも今回は苺付きです♪

コクと軽やか。こだわりクリームの二重奏

Photo by muccinpurin

好きなものは最後(または途中)に食べたい派の筆者は苺を器用によけつつ、まずは外側のクリームをひと口。う~んこれこれ、泡立てすぎずほどよいやわらかさながらもしっかりと空気を含み、口いっぱいにミルキーなコクが広がります。

Photo by muccinpurin

「生クリームの味の違いなんて本当にわかるの?」と思われるでしょう?雲泡クリームのショートに使っているクリームは明らかに味わいが違うので、きっと誰もがその違いに感激するはずです。

Photo by muccinpurin

ショートケーキとは言いつつも、スポンジの割合はごくごくわずか。ケーキの形をキープし、あくまで生クリームを味わうための引き立て役に徹しています。

前作にはなかった苺の甘酸っぱさも加わり、気分はすっかりクリスマス。ハーフサイズの小さな苺ですが、純白のクリームに深紅の苺がのるだけで気分がグッと上がります。

クリスマスにぴったりの極上スイーツ、見つけた♪

Photo by muccinpurin

ローソンの新作スイーツ「Uchi Café Spécialité 雲泡クリームの苺ショート」をご紹介しました。

ホールのケーキをシェアして食べる楽しみもありますが、コンビニのクオリティを越えた贅沢ショートをひとり占めするのも悪くなさそう。なにより2種のこだわりクリームを味比べできる機会はめったにありません。生クリーム好きさんもそうでない方にも、一度は味わってほしい極上コンビニスイーツです。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:Uchi Café Spécialité 雲泡クリームの苺ショート
■内容量:1個
■価格:320円(税込)
■カロリー:1個当たり228kcal
■販売日:2020年12月15日(火)
■販売場所:全国のローソン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
Photos:7枚
皿にのった雲泡クリームの苺ショート
Uchi Café Spécialité 雲泡クリームの苺ショートパッケージ
皿にのった雲泡クリームの苺ショート
雲泡クリームの苺ショートをスプーンですくう様子
スプーンですくった 雲泡クリームの苺ショート
雲泡クリームの苺ショートの断面
皿にのった雲泡クリームの苺ショート
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS