低カロリーなえびを上手に食卓に取り入れよう

えびはたんぱく質が豊富なほか、カルシウムやアスタキサンチン、タウリンなど身体に欠かせない栄養素がたくさん含まれています。低カロリーな食材ですが、ほかの魚介類と比べて糖質がやや多いため、食べ過ぎには注意が必要です。

ダイエット中は揚げ物を控えて、ゆでたり炒めたりする調理法で、カロリーオフするのがおすすめ。サラダにしてもよし、メインのおかずにしてもよし。調理法を工夫してえびをヘルシーにいただきましょう!
※えびはすべてブラックタイガーで計算しています。
【参考文献】
(2021/01/05参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ