ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

スープメーカーの特徴と使うメリット

スープメーカーは自動的に温かいスープを作ってくれるキッチン家電です。水と食材、調味料を容器にセットし、スイッチを入れるだけで簡単に作ることができます。

どの機種も調理時間が30分ほどと短いため、時短になるうえ、ほったらかし調理をできるのがメリット。忙しいときや、毎日野菜を摂りたい人にうってつけのアイテムです。

スープメーカーは機能で2種類に大別

スープだけを作りたいなら「単機能タイプ」

スープを作るためだけに使用するなら、単機能タイプの製品がおすすめです。すべての材料を容器に入れてスイッチオンするだけなので、面倒な設定や温度調整などの操作は必要ありません。

構造がシンプルなことから使いやすく、リーズナブルな価格のものが多いため、興味があって購入してみたいと思う人にも適しています。

ほかの料理にも応用できる「多機能タイプ」

スープを作るだけでなく、いろんな調理に対応できるのが多機能タイプのスープメーカー。煮込み料理を作ったり、食材を撹拌したり、細かな温度調整ができるなど、さまざまな機能を搭載した製品があります。

単機能に比べて価格は高めながら、調理する用途が多いので1台あると便利。いろんな料理に幅広く利用したい人におすすめです。

スープメーカーを選ぶ際の基本ポイント

使用する人数に合った容量で選ぶ

スープメーカーを選ぶうえで、スープを一度に何人分作りたいかが、大事なチェックポイント。

平均的サイズのマグカップで飲むことを想定すると、1人分で200mlくらいが目安です。ふたりなら400ml、4人家族なら800mlは必要。一定容量以下の調理に対応してない製品もあるため、最低容量にも注意してください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ