ライター : 岡本翔子

占星術研究家

ロンドンにある英国占星学協会で、心理学をベースにした占星術を学ぶ。英国占星学協会会員。占星術と料理、コスメ、旅などを組み合わせたコラムを女性誌やWEBマガジンなどの連載を中心…もっとみる

いよいよ「風の時代」へ。牡羊座の運勢は?

誰もが予想もしない1年になった2020年が終わり、新しい年がはじまりますね。

そんな2021年ですが、占星術では約200年続いた「地の時代」が終わり、新しい「風の時代」がはじまる年になる……という予測が出ています。

土地やお金など、目に見える分かりやすい成功が"良いもの"とみなされていた「地の時代」から、他人とのつながりや、自分なりの思考とアイデアを大切にする「風の時代」へ。

少し簡単にいうと「守ること」ではなく「共有すること」こそが、より価値を生む時代が訪れる、と私は予測しています。

今まで当たり前だった社会や経済のあり方や、地位や財産など自身がいま手にしているモノに左右されず、まわりの人々とモノや知識や経験を「共有」「共存」していくことで、新しい時代の波に乗れるのが2021年、というイメージです。

また、星の動きは食のトレンドにも影響を与えます。

2021年は「オーガニック」「ホールフード」への関心がますます高まると予想しています。既に新しいサービスも出てきているように、生産者と消費者をつなぐネットワークが発達し、新鮮な野菜のデリバリーが当たり前になるように。

また、少し変わったハイブリッド野菜や、今までになかった新しい食材の組み合わせなども流行しそうな予感がします。そして、コロナ収束後の社会を見すえて、移動型レストランや店舗のシェア、星付きレストランの進化系カジュアル店も増えてきそうですね。

さて、そんな2021年、あなたの星はどう動くのでしょう?

今回は私なりに、あなたが2021年をしなやかに、有意義に過ごすための星からのメッセージをまとめてみました。
▼牡羊座以外の方の運勢はこちら

【牡羊座】の運勢|友人・仲間とのつながりを大事に

2020年後半、あなたはいつも何かと戦っているような気分だったでしょう。守護星・火星が天の牡羊座で行きつ戻りつしながら、約半年近くもあなたを刺激し続けたからです。

そして同時に「抑圧・責任」をもたらす土星の影響も受けていたので、何かをやろうとするとストップがかかるという不本意な状況にありました。

でもよいニュースがあります。年末に土星が動き、年が明けて1月上旬に火星も移動すると、落ち着いて物事に取り組めるようになるのです。すると精神的にも落ち着いて、未来の青写真が描けるようになるでしょう。

2021年の幸運の方向は、ズバリ「友だち・仲間」。これは一方的に愚痴をこぼせる相手としての「友だち」ではありません。一緒にいるとポジティブになれる、同じ考えや価値観を共有できる友人&仲間のことを指します。

コロナウィルスの感染拡大で、イベントなども自粛傾向にありますが、オンラインでつながれる「友だち・仲間」を見つけることはできるはず。少人数のグループだったら、リアルに会って情報交換することもできます。そうやって頭を使って“人とつながること”を諦めないことです。

ひとりで世の中を動かすことはむずかしいでしょう。それでも仲間と一緒なら、ささやかな活動がやがては大きなうねりとなってブームを牽引することだってできます。

新しい出会いにも期待しつつ、かつての同僚、趣味の仲間、同級生と連絡を取り合い、グループの再結成を考えてみましょう。

じつは「再結成」も2021年の幸運の鍵です。自分たちが楽しみながら、社会的にも意義のあることを実践していけたら、新しい時代の波にのることができそうです。

仕事に関しても現在の職業にしがみつかずに、ワーク・ライフ・バランスを図ってみる。未来につながる副業なども考えてみると、新しい世界の扉が開きます。

また「食」全般に興味があるmacaroni読者のみなさんですから、折にふれ援農ボランティアや、アグリツーリズモを実践している宿にも出かけてみたいものです。また四季折々の出来事や日々の料理を写真に収めておくと、きっとそれが役に立つ日が来るはずです。

【牡羊座】のラッキーフード|勝負運や行動力を授ける

占星術では地球上にあるすべての食材は、天の星座や惑星と関係があると考え、その対応関係が長い間、研究されてきました。古代ギリシャ人はハーブと天上の星と病気との関わりを考え、古代ローマの料理人のなかには、占星術の知識を持つ者もいました。

ここで説明する星座と食べ物との関係は、星が授けてくれるちょっとした魔法のようなもの。ワクワクしながら食事をすると、健康にもきっとよい変化があるはずです。これはただ単にモノを食べるのではなく、楽しくそして創造的に食べようという提案です。

食材

牡羊座の支配星は、行動力や勇気を象徴する火星です。唐辛子や胡椒、生姜などのスパイスは、大昔から火星の食材とされてきました。となると、わさびや山椒などの和の香辛料も牡羊座の食材に入ります。香りの強い野菜(ねぎ、玉ねぎ、ニラ、にんにくなど)、にんじんやピーマンなども伝統的に牡羊座が支配します。肉類なら仔羊やラムも「ここぞ!」というとき、あなたに勝負運や行動力を授けてくれるでしょう。

また高温で食材の旨味を封じ込めるオーブン料理、揚げ物などの調理法もおすすめです。

レシピ|情熱を掻き立てる「にんじんとピンクペッパーのオードブル」

材料(2〜3人分)

・にんじん……1本
・オレンジの絞り汁……1/2〜1個
・塩……少々
・オリーブオイル……小さじ2杯
・ピンクペッパー……4、5粒
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS