ワッフルのカロリーをオフする方法

ジャムやクリームを挟む量を減らす

ワッフルに挟むジャムやクリームの量を減らすと、カロリーオフにつながります。単に量を減らすほかに、舌に触れる面にジャムやクリームを薄く引き伸ばして「塗る」手法もおすすめです。舌に当たる面に塗ることで、量を少なくしても甘みを十分に感じることができます。

ほかにも、イチゴやブルーベリーなどの果物を一緒に挟み、その分ジャムやクリームを減らすとヘルシーに仕上がりますよ。

低糖質な材料で手作りする

ワッフルを手作りするときは、小麦粉に、食物繊維が豊富で低糖質なおからパウダー混ぜるのがおすすめです。小麦粉の糖質量が100gあたり73.3gであるのに対して、おからパウダーは8.7g。小麦粉の一部をおからパウダーに置き変えるだけで糖質カットができますよ。

また、牛乳を豆乳に置き換えて、カロリーオフする方法もおすすめです。(※3,12,13)

プレーンな味付けにする

ダイエット中は、トッピングのないプレーンなワッフルを選ぶのが良いでしょう。トッピングなしの場合、以下のふたつの方法がおすすめです。

ひとつは、砂糖の量を少しだけ増やしてほんのり甘い素朴な味わいを楽しむ方法。もうひとつは、少量の食塩を加えて甘みを引き立たせ、プレーンな味付けで食べる方法です。トッピングを加えずとも、少しの工夫で満足感を得られますよ。(※14)

ダイエット中でもおいしく。ワッフルをヘルシーに楽しむレシピ3選

1. 米粉とおからのワッフル

小麦粉を、米粉と低糖質なおからに置き換えるヘルシーレシピです。シンプルな材料で作れるうえ、バニラエッセンスの香りが効いて上品なおいしさに仕上がります。間食にはもちろん、朝食にもおすすめのひと品です。

2. 豆乳抹茶ワッフル

抹茶の香りを楽しめるワッフルです。豆乳を使用すると、牛乳に比べて、100gあたり21kcalのカロリーオフが可能に。やっぱり甘いワッフルが食べたい!という方におすすめです。(※12,13)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ