ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

毎日でも食べたい!じゃバターがパンになって登場

Photo by muccinpurin

2020年12月1日(火)、ローソンに新作パン「じゃがバターパン」が仲間入りしました。

じゃがいもとバターといえば、切っても切れない名コンビですね。黒胡椒とマヨネーズで味付けしたと聞けば、すでにおいしさは約束されたようなもの。さらにパン生地で包んでチーズをかけるだなんて……。

ローソン「じゃがバターパン」

Photo by muccinpurin

「じゃがバターパン」160円(税込)
ホックホクのじゃがいもとほどよい塩気のバター……想像するだけで至福ですよね。誰もが認める名コンビでもあるじゃがバターがパンになったと聞きつけ、さっそくローソンに急行。ありましたありました、見た目はかなり素朴ですが、小ぶりな割に盛ったときのずっしり感が別格です。じゃがバターをたっぷり包んだ幸せな重みです。

Photo by muccinpurin

ゴツゴツとした素朴な見た目に、シュレッドチーズがいい感じに香ばしくカリカリしているのが想像できます。食べる前からすでにマヨネーズの香りが食欲をグイグイ刺激してきますよ。

ごろごろじゃがとバターがたっぷり

Photo by muccinpurin

カットしてみるとごろっと大ぶりなじゃがいもとバターがたっぷり!じゃがいもよりも大きなバターのカロリーを想像するとやや恐ろしくもありますが、溶けたバターがしみ込んだパンっておいしいんですよね……。ちなみに1個あたりのカロリーは212kcalと想像よりも控え目でしたよ。

バターを溶かすため、温める際はアルミホイルで包むのがおすすめ。溶けたバターが流れ出るのを防げますよ。袋ごと温める場合は口を少し開け、温めすぎに注意してくださいね。

バターじゅわ~じゃがホックホク!

Photo by muccinpurin

見てください、このフォトジェニックなじゃがバターを!アルミ箔で包んだことで表面を焦がすことなく、中のバターがしっかり溶けてパンにしみ込んでいきます。

黒胡椒がピリッと利いたじゃがバターは、やや濃い味なのでパンとの相性抜群。マヨネーズのまろやかさがプラスされ、お酒のおつまみとしてはもちろん、子どものおやつとしても喜ばれそうな味ですよ。

コンビニパンのクオリティが年々上がり、そのままでもおいしいパンが多数登場していますが、食べる前にリベイクすることでバターが溶けるというサプライズは、心をグッとわしづかみにします。何よりシズル感と香りがスゴイ!

Photo by muccinpurin

じゃがバターとパンを組み合わせるのは初めてでしたが、まったく違和感はありません。むしろなぜこれまでじゃがバター×パンがなかったのか不思議なほど。

じゃがいものホクホク感、バターの風味、チーズの塩気、粗挽き黒胡椒の香り……そのすべてが調和し、小ぶりながらもしっかりお腹を満たしてくれました。

結論、じゃがバター×パンは最強でした

Photo by muccinpurin

じゃがいもとバターだけで完璧なところに、マヨネーズと黒胡椒、仕上げにダメ押しでチーズまでトッピングしたローソンの「じゃがバターパン」。

食べる前に温めることで、できたて感が出て、小ぶりながらもとても満足度の高いパンでした。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:じゃがバターパン
■内容量:1個
■価格:160円(税込)
■カロリー:1個あたり212kcal
■販売日:2020年12月1日(火)
■販売場所:全国のローソン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
Photos:7枚
半分にカットして手で持ったじゃがバターパン
じゃがバターパンのパッケージ
皿に出したじゃがバターパン
半分に切ったじゃがバターパン
半分に切ってアルミ箔の上にのったじゃがバターパン
アルミ箔に包まれたじゃがバターパンを手で持つ様子
皿に置かれたじゃがバターパン
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS