量を決めて食べる

カシューナッツは、間食に食べるという方が多いのではないでしょうか?一般的に、間食の適量は一日あたり200kcal程度といわれています。カシューナッツはひと粒あたり9kcalなので、22粒で約200kcalです。袋から直接食べるのではなく、小皿に取り分ければ、食べすぎずに済みますよ。(※1,12)

よく噛んで食べる

私たちは、食事をすることで血液中の糖分が上昇します。糖が脳へ運ばれると満腹中枢がはたらき、「お腹がいっぱい」であると感じます。満腹中枢は食事をはじめてから20~30分で機能するので、早食いをすると食べすぎてしまい太る原因に。時間をかけてゆっくりよく噛んで食べれば、少量でも満腹感を得られますよ。(※13)

カシューナッツは適量を超えると太る原因に

カシューナッツのエネルギー量(カロリー)は100gあたり576kcalで、脂質が47.6g含まれています。身体にとってうれしい栄養素が豊富ですが、脂質が多く高カロリーな食品です。

小粒で食感が良くおいしいので、ついつい食べすぎてしまいますが、摂りすぎは太る原因になるので、適量を守りましょう。(※3,12)

ダイエット中でもおいしく。カシューナッツ活用レシピ4選

1. りんごでさわやか♪ カシューナッツの白和え

ブロッコリーとりんごを入れる、洋風の白和えです。コクをだすために、ごまを使うのが一般的ですが、こちらのレシピはカシューナッツを使います。

ブロッコリーにはビタミンCが豊富で、鉄を吸収しやすくする作用がありますよ。りんごのシャキシャキ食感と、さわやかな風味がクセになるひと品です。(※10,14)

2. エスニック風!豆苗ともやしとナッツのサラダ

豆苗ともやしを使う、ホットサラダです。レンジで加熱して、調味料を和えるだけなので、短時間で簡単に作ることができますよ。また、油を使用しないため、低カロリーでヘルシーなのもうれしいですね。見た目もおしゃれで、気分も上がりますよ♪

3. ナンプラー不使用♪ ソムタム風大根サラダ

ダイエット中の低カロリーな食事にはサラダがおすすめ!ソムタムとは、タイやラオスで食べられているサラダのこと。パパイヤを使うことが多いですが、大根を使えば手軽に作れます。

カシューナッツに含まれるビタミンB1は、にんにくと組み合わせることで吸収を高めてくれますよ。ナンプラー不使用なので、独特の風味が苦手な方でも食べられます。(※6)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ