食物繊維

カシューナッツには、100gあたり6.7gの食物繊維が含まれています。

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。どちらも消化・吸収はされませんが大切な栄養素のひとつです。

水溶性食物繊維は、血糖値の上昇をゆるやかにしたり、コレステロール値を下げたりする作用があります。不溶性食物繊維は、便のカサを増やし便通を促進するはたらきがありますよ。カシューナッツは、不溶性食物繊維を多く含んでいます。(※3,5)

ビタミンB1

カシューナッツには、100gあたり0.54mgのビタミンB1が含まれています。

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変換するはたらきがありますよ。また、脳の主なエネルギー源は糖質なので、ビタミンB1が不足すると脳や神経が正常に作用しなくなるおそれがあります。玉ねぎやにんにくに含まれるアリシンと組み合わせることで、吸収率が上がりますよ。(※3,6)

ビタミンE

カシューナッツには、100gあたり0.6mgのビタミンEが含まれています。

ビタミンEは、脂溶性ビタミンのひとつです。強い抗酸化力を持っており、過酸化脂質の産生やLDL(悪玉)コレステロールの酸化を抑えるはたらきがあります。ほかにも、細胞の酸化を抑制してくれるので、老化を遅らせる作用も期待できますよ。(※3,7,8)

カシューナッツには、100gあたり4.8mgの鉄が含まれています。

鉄はたんぱく質と結合することで、ヘモグロビンとなります。このヘモグロビンは、全身に酸素を運ぶはたらきがあり、生命の維持に欠かせません。鉄が不足すると、全身に十分な量の酸素を運ぶことができないので、頭痛や集中力低下の症状があらわれるおそれがあります。(※3,9,10)

マグネシウム

カシューナッツには、100gあたり240mgのマグネシウムが含まれています。

マグネシウムは、カルシウムと同じく骨に沈着しているミネラルです。また、ビタミンDと一緒に摂取することで、体内に吸収されやすくなりますよ。ほかにも、たくさんの代謝に関わっており、およそ300種以上もの酵素のはたらきをサポートしています。(※3,11)

ダイエット中にカシューナッツを食べるポイント

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ