ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

教えてくれた人

Photo by macaroni

生姜の女神 / 森島土紀子さん
生姜を長年研究し、1994年に日本初の生姜料理専門店をオープン。現在も生姜料理のシェフ / オーナーとして「生姜料理しょうが」「生姜軟骨料理がらがら」「どんつる」の3店舗を経営している。レシピ本の出版や「和漢発酵生姜シロップ」の商品化など幅広いスタイルで生姜の魅力を発信し続け、2019年11月5日には「生姜の女神/セブンルール」に出演。

“生姜の女神” と呼ばれている森島土紀子さんは、子供の頃から生姜が好きで、お寿司屋さんに行くとガリばかりを食べていたんだとか。今でもお寿司屋さん行くとガリをつまみにお酒を嗜むそうです!

生姜×たまご酒で体ぽかぽか!

たまご酒は昔ながらのホットドリンクで、寒い季節に風邪予防として飲まれることが多いんですよ。たまご酒だけでも十分温まりますが、生姜を加えることで温め効果がアップします。

また、“体を温める” なら、生の生姜より火を通した生姜のほうが断然おすすめ。加熱した生姜の辛味成分「ショウガオール」には、体の中心を温める働きがあります。

生姜の成分についてより詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。

生姜を使う「生姜たまご酒」の作り方(調理時間:15分)

Photo by 森島土紀子

「生姜たまご酒」は、森島さん自身も風邪のひきかけや疲れたときに飲むそうです。日本酒がメインで入っていますが、アルコールを飛ばしているのでお子様が飲んでもOK!

まったりとした飲み口で、たまごのやさしい甘さに生姜のスパイシーさが絶妙にマッチしますよ。心も体もホッと温まる一杯です。

材料(1人分)

・たまご……1個(300g)
・皮付き生姜スライス……適量(目安:1〜2枚)
・日本酒……180cc

より生姜感を楽しみたい方は生姜のすりおろしを、甘みを足したい方は砂糖をお好みで入れてください♪

下準備

・たまごをしっかり溶いておく
・生姜を皮付きのまま1〜2枚スライスする

手順

1. 日本酒と生姜スライスを鍋に入れて沸騰させ、アルコールを飛ばし粗熱を取る
2. 粗熱が取れたら溶いたたまごを混ぜながら加える
3. 弱火で少しだけ温めて、カップに注いだら完成

生姜は取り出してもカップにそのまま入れてもOK。アクセントとしてあられを飾るのもおすすめですよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ