ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

カレーパンがぬるだけで完成…!?

Photo by muccinpurin

朝はパン派という方、ジャムやピーナッツバター、ハムエッグのローテーションだと、たまにほかの味が欲しくなりませんか?

カルディで見つけた「ぬって焼いたらカレーパン」は、マンネリ化したパンを劇的に買えてくれる優れものアイテム。ただのカレー風味スプレッドじゃない秘密が隠されていました。

カルディ「ぬって焼いたらカレーパン」

Photo by muccinpurin

「ぬって焼いたらカレーパン」306円(税込)
パン好きにとって、カルディのパンのお供コーナーはちょっとした夢の国ですよね。「デキシー レーズンクリーム」やドライフルーツが入った「もへじ あんペースト」、しょっぱい系ならにんにく香る「私のフランス料理」など、スプレッドがバリエーション豊富にそろっています。

今回ご紹介するぬって焼いたらカレーパンは、キャメル珈琲が製造するカルディのオリジナルアイテム。揚げたてのカレーパンが描かれた、いかにもカレーっぽい黄色いパッケージが目印ですよ。

Photo by muccinpurin

フィルムを開けてみると、漂うカレーのいい香り。じっくりコトコト煮込んだ2日目の朝です、というほどスパイスや野菜の複雑な香りで、すっかり食欲を刺激されてしまいます。

材料をチェックしてみると、乾燥マッシュポテト、乾燥玉ねぎ、フライドオニオン、カレーシーズニングなど、乾燥させたカレーの材料がずらり。油脂は国産のショートニングを使っているため、常温保存が可能です。

実際にぬって焼いてみた!

Photo by muccinpurin

カレーと比べるとやや色薄く、ベージュに近い色合いのスプレッドは、バターナイフですくってみると、シャリシャリシャリ……。乾燥マッシュポテトと乾燥玉ねぎが入っているため、思ったよりもざらざらしていました。

Photo by muccinpurin

作り方はいたって簡単。食パンの表面にぬって焼いたらカレーパンを塗り広げ、予熱したトースターで焼くだけ。

欲張って塗りすぎたり焼きすぎると焦げの原因になるので、欲張らず適量を守ってくださいね。

Photo by muccinpurin

焼き上がったパンをトースターから取り出すと、表面の色が濃い茶色に変化し、よりカレーパンっぽさが増していましたよ。焼く前よりもスパイスの香りが際立ち、おいしそう~。

見た目にはわかりませんが焼きたては表面がサクサクしていて、まるで揚げたてのカレーパンのようです。おそらく乾燥マッシュポテトがパン粉のようなサクサク感を出しているようです。ショートニングが溶けて、噛むほどにカレーの味がじゅわっと染み出してきます。

「カレー味のスプレッドかな」くらいに思っていたので、サクサク感が再現されていてびっくり。名前負けせず、本当にぬって焼くだけでカレーパンができました。

アレンジはこれ!チーズカレーサンドが絶品

Photo by muccinpurin

カルディのオンラインショップに掲載されていた、チーズを挟んだカレートーストが実においしそうだったので、まねして作ってみました。

2枚のパンにチーズをサンドしてホットサンドを作り、中のチーズが溶けた頃合いでぬって焼いたらカレーパンをぬり、再度表面だけをトースターで焼きます。ちょっと手間がかかりますが、やってみる価値はありますよ。

Photo by muccinpurin

表面のサクサク感ととろけるチーズのまろやかさは、想像通り、いや、想像以上のおいしさ。カレーペーストそのものも辛さ控えめなので、子どもも安心して食べることができそうですよ。チーズをサンドすれば、最高の朝食に早変わり!これは大人でもテンションが上がります。

今回は8枚切りのパンにスライスチーズを3枚使いました。写真のようにチーズとろ~りを試したければ、ぜひチーズを多めにサンドしてくださいね。ホットサンドメーカーがないときはフライパンにのせ、上に皿などで重しをしながら弱火で焼くと、簡単にホットサンドを作ることができますよ。

カルディのオンラインショップでも販売中

Photo by muccinpurin

ぬって焼いたらカレーパンは、カルディの各店やオンラインショップで購入できます。新商品なので店内でも目立つ場所に置いてありましたが、品切れの場合はオンラインショップをチェックしてみてくださいね。

ただのカレースプレッドじゃなかった…!

Photo by muccinpurin

スパイシーでじっくり煮込んだようなカレーの味わいと、揚げたてサクサクの食感を、ぬって焼くだけで再現してくれる「ぬって焼いたらカレーパン」。まさにネーミング通りの焼き上がりに大満足でした。

何よりサクサク食感の完成度が高く、大きな口を開けて焼きたてを頬張るときの幸福感が忘れられません。焼きたてサクサクをぜひ味わってみてくださいね。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
Photos:10枚
ぬって焼いたらカレーパンとカレーチーズトースト
ぬって焼いたらカレーパンのパッケージ
ぬって焼いたらカレーパンの蓋を開けた様子
バターナイフですくう様子
ぬって焼いたらカレーパンを塗る様子
ぬって焼いたらカレーパンのトースト
チーズをサンドしたカレートースト
チーズがはみ出たカレーサンドを持つ様子
ぬって焼いたらカレーパン
ぬって焼いたらカレーパンとカレーチーズトースト
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS