4. 菊芋と水菜のゆず風味ラぺサラダ

菊芋と水菜をゆず入りの合わせ調味料で和えて仕上げるひと品です。さっぱりとした味わいで、前菜にぴったり。菊芋を生のまま使うため、カリウムやイヌリンを効率よく摂取できますよ。(※1,10)

5. 菊芋のごまマヨ和え

生の菊芋を千切りにして、マヨネーズやごまで和える簡単レシピです。食後血糖値の上昇を抑える作用がある「イヌリン」を活かすには、菊芋のおかずを食事の一番最初に食べるのがおすすめです。(※5,7)

菊芋の効果を活かして食べよう!

芋類のなかでも低カロリーな菊芋は、ダイエット中に活用できる食材のひとつ。食物繊維の一種であるイヌリンやカリウムが多く含まれているのが特徴です。血圧や食後血糖値の上昇を抑えるほか、腸内環境を整える作用が期待できますよ。

菊芋に豊富なイヌリンやカリウムを効率よく摂るには、生のまま食べたり、ゆで汁ごといただくスープにしたりするのがおすすめ。ぜひ、さまざまなレシピを試してみてくださいね。
【参考文献】
※2 七訂|食品成分表2016|女子栄養大学
(2020/09/01参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ