ライター : 山内良子

フード/生活ライター

食に関する資格としては、「エコ・クッキングナビゲーター」と「豆腐マイスター」を保有。車両系では、「大型免許」と「けん引免許」を持っている、おいしいもの、楽しいこと、お得なこ…もっとみる

「ベルギー」はチョコレート大国!

ベルギーチョコレートは、日本では江戸時代にあたる1657年ごろ、お金持ちが食べる贅沢なお菓子でした。そのあとに値段が下がり、いまでは一般的にも馴染みのあるチョコレートとなっていますが、ベルギーチョコレート特有のこだわりは、いまもなお引き継がれています。

ベルギーチョコレートの特徴

ベルギーチョコレートは、ほかの国のものと比べてカカオの含有量が多く、原料であるカカオを15~18ミクロンまで小さく砕いて作られるのが特徴です。また、厳選された高品質のカカオ豆を使用し、使用する油脂はカカオバターのみで仕上げています。

ベルギーチョコレート発展の歴史

17世紀、スペインの支配下にあったベルギーに、当時は薬として重宝されていたカカオが伝わったそうです。その後、ナッツ類に砂糖を加熱してカラメリゼした「プラリネ」が誕生し、チョコレートの発展に大きく貢献したと言われています。

ベルギーチョコレートのおすすめ6選

1. ガレー「チョコレート ミニバー」

ITEM

ガレー チョコレート ミニバー 6本入 2020年限定パッケージ 2箱セット

¥3,335

内容量:6本入り 原産国:ベルギー バリエーション:ピスタッシュ、レ・ピエモンテ、カフェ・リエジョワ、レ・クルスティオン、ノワール・プラリネ、レ・プラリネ

※2020年8月31日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

日本での期間限定出店も盛況だった「ガレー」のチョコレート

「ガレー(Galler)」は、パテシエだった祖父の影響を受けたジャン・ガレーが、21歳という若さで1976年に設立。わずか18年という前代未聞のスピードで、「ベルギー王室御用達」の認定を受けました。厳選した素材だけで作った最高級のチョコレートが味わえるガレーでは、いろいろなフレーバーが楽しめるミニバーが特に人気です。

2. ゴディバ 「ゴールドコレクション」

ITEM

ゴディバ ゴールドコレクション 12粒入

¥3,240〜

内容量:12粒 原産国:ベルギー バリエーション:プラリネ、ガナッシュなど

※2020年8月31日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS