冷やし中華のカロリーは高い?管理栄養士がダイエット中におすすめのレシピを紹介

涼しげでさっぱりおいしい冷やし中華。カロリーはどれくらいなのか気になりますよね。この記事では、管理栄養士が冷やし中華のカロリーをほかの麺類と比較しながら解説します。また、ダイエット中の食べ方やおすすめレシピもご紹介。ぜひ参考にしてくださいね。

2020年7月8日 更新

ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養…もっとみる

冷やし中華のカロリーと糖質量は?

冷やし中華1人前(448g)のカロリーと糖質量

エネルギー量(カロリー)……526kcal
糖質量……69.3g(※1)

ほかの麺料理と比べると

冷やし中華のカロリーや糖質が高いのかどうか、ほかの麺類と1人前あたりで比較しましょう。

・しょうゆラーメン
エネルギー量(カロリー)……481kcal
糖質量……66.9g

・冷やし担々麺
エネルギー量(カロリー)……839kcal
糖質量……74.9g

・冷麺
エネルギー量(カロリー)……503kcal
糖質量……77.6g

冷やし中華の糖質量はしょうゆラーメンより多いものの、冷やし担々麺や冷麺より控えめ。キムチや果物といった高糖質な具をトッピングする冷麺に比べ、冷やし中華の具はきゅうりやもやしなどの野菜が中心なので、糖質量が抑えられています。

一方、冷やし中華は冷やし担々麺よりカロリーが低いですが、しょうゆラーメンや冷麺より高カロリーです。その理由を見ていきましょう。(※1,2,3,4)

冷やし中華はどうしてカロリーが高くなる?

冷やし中華に使われる定番食材のなかで、注意したいのがロースハムです。100gあたりのカロリーは196kcalであり、同量で比較すると焼き豚よりも高カロリー。たっぷりトッピングすると味や彩りがよくなりますが、カロリーが気になる場合は使う量を減らしましょう。ロースハムより低カロリーな、プレスハムやチョップドハムを使うのもおすすめです。

また、中華麺も冷やし中華のカロリーを高くする原因のひとつ。1人前(228g)あたり340kcalと、冷やし中華のカロリーの7割以上を占めています。冷やし中華のカロリーを抑えるには、中華麺の食べ過ぎに気を付けましょう。(※1,5)

ダイエット中に!冷やし中華をカロリーオフするには

麺の量を減らす

前述した通り、冷やし中華のカロリーの大半を占めているのが中華麺。ダイエット中は、麺の量を減らしましょう。たとえば中華麺を半人前(114g)にすると、170kcalのカロリーオフになりますよ。

食べごたえをキープするために、こんにゃく麺やしらたきなど、麺を低糖質な食材に置き換えるのもおすすめです。(※1,5)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS