ライター : 高井 なお

道産子主婦グルメライター

札幌生まれ、札幌育ちの主婦グルメライター。15年以上かけ全179市町村3,500件以上を食べ歩いています。北海道と食べ歩きをこよなく愛し、おいしいモノを食べている時が1番しあわせ。北…もっとみる

札幌旅行のお土産選び、迷っていませんか?

札幌にはおいしい食べ物がたくさん!札幌生まれ、札幌育ちの筆者でさえも、食べたいものがまだまだあります。ということは、旅行者のみなさんはお土産選びが想像以上に大変なのでは?

そこでこの記事では、グルメライターである筆者が “本気でおすすめしたいお土産ベスト10” をご紹介します。札幌土産を探す際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

10位. なめらかなホワイトチョコ「白い恋人」

Photo by 高井なお

誰もが知る大定番の札幌土産といえば、観光スポット「白い恋人パーク」でも有名な「白い恋人」。「白い恋人」は石屋製菓が1976年に発売し、北海道の土産菓子として国内外で愛され続けています。

スイスの山並みを彷彿とさせる美しいパッケージは、北海道北部の利尻島にある利尻山なんですよ。

Photo by 高井なお

9枚入り 604円(税込)
ホロっとほどけるラングドシャの食感と、口の中でなめらかに溶けていくホワイトチョコレートのハーモニー。儚さゆえに、ひと口ひと口大切に食べたくなるお菓子です。原料・温度・湿度など日々管理を徹底し、このデリケートな食感を守り続けています。

ホワイトは9~27枚入りまで種類豊富。ブラックとの詰め合わせもありますよ。

賞味期限

製造日から180日

購入できる場所

札幌大通西4ビル、大丸札幌店、エスタ大食品街、北海道四季彩館 札幌西店、北海道四季彩館、さっぽろ東急百貨店、丸井今井札幌本店、 ショップ・ピカデリー(白い恋人パーク内)、札幌三越ISHIYAショップ、さっぽろ時計台 北のブランドショップ、札幌グランドホテル ノード43°ザベーカリー&ペイストリー ほかで購入できます。

9位. さんまのうま味が染みたご飯「さんまんま」

Photo by 高井なお

道東 釧路市で生まれたご当地グルメ「さんまんま」。商業施設「釧路フィッシャーマンズワーフMOO(ムー)」に入る実店舗「さんまんま 魚政(うおまさ)」では、焼きたてが食べられます。

筆者は現地で食べ、そのおいしさに感動し、札幌市内で見つけたときはうれしくて即購入。一本一本丁寧に炭火焼きした道東産の “秋さんま” を使用しており、脂がのっていて絶品なんです。

Photo by 高井なお

2本入り 1,998円(税込)
秘伝のタレに漬けこんだ秋さんまを、道産米ともち米をブレンドした炊き込みご飯にのせ巻き上げた「さんまんま」。パリッと香ばしく焼かれた皮目と大葉がアクセントになり、パクパク食べられます。

食べやすいように骨は取り除いてあるので、普段お魚を食べ慣れていない方も気軽にチャレンジしてみてくださいね♪

賞味期限

製造日より冷凍で約1ヶ月
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS