ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

蜜蝋(みつろう)ラップってなに?

Photo by akiharahetta

蜜蝋ラップとは、名前の通り蜜蝋で作ったラップのこと。プラごみを出さず、繰り返し使えて、環境にもお財布にもやさしい製品です。また、蜜蝋以外の原材料もナチュラルな天然素材を使用していて、最後はすべて土にかえります。

従来のラップは、プラごみとして廃棄されますが、洗えないなどの理由で可燃ごみとして廃棄すると、燃焼時に塩素ガスが発生するリスクがあります。また、そのまま捨てられたプラスチックの一部は、やがてマイクロプラスチックになり、海を汚染し、魚や動物、人間の体内にまで入り込む可能性があり、問題視されています。

少しでもプラスチックを減らすために、蜜蝋ラップを使ってみませんか?

素材にこだわった蜜蝋ラップ「aco wrap(アコラップ)」

Photo by akiharahetta

「aco wrap(アコラップ)」の原材料は、岐阜県産の蜜蝋・オーガニックコットン・ホホバオイル・天然樹脂です。食品や食器に触れるからこそ、天然素材に天然素材にこだわっているのだそう。安心して使えるうえに、手指にやさしいんですよ。

サイズは3種類・カラーは5色

Photo by akiharahetta

サイズは、S、M、Lの3種類。Sサイズはコップや小鉢に、Mサイズは丼鉢、Lサイズはパスタ皿にそれぞれ対応しています。カラーは5色で、奄美大島の大島紬で知られる金井工芸の職人さんが手掛けた天然染色です。すべて手作業で藍や泥を使って染めるため、ひとつずつ染め色や濃淡に差が出るそう。

細い長ネギから大きなキャベツまでOK

Photo by akiharahetta

Lサイズの直径はおよそ33cm。器だけでなく、野菜などを直接包むことができます。

Sサイズは使いかけの長ネギや生姜などにぴったりですし、Lサイズなら半分にカットしたキャベツが包める充分な大きさがあります。Mサイズは、カットしたアボカドやりんごにちょうど良い大きさです。

天然の「抗菌性」と「保存性」で食品の鮮度を保つ

Photo by akiharahetta

原材料である蜜蝋とホホバオイルには、天然の抗菌性と保存性が備わっています。なので、「aco wrap」で食品を包むことにより鮮度の持ちがよくなるそうです。これはプラスチックよりも優れた見逃せないポイントですね。

器や食材にフィットする丸い形

Photo by akiharahetta

「aco wrap」の特徴のひとつが、使いやすさを考えた丸い形。丸いと器や食品にフィットしやすく、愛用している主婦仲間の間ではこの形が絶賛でした。

また、厚みがしっかりあり、ちょっとやそっとではヘタりそうにない丈夫さがあります。手触りはざらっとしていて、手仕事の風合いが感じられますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS