新鮮さそのまま!チルド室&野菜室がなくても野菜を長持ちさせるコツ

野菜の鮮度を保つためには温度と湿度が鍵になります。ここでは、野菜室(設定温度7~10℃)やチルド室(設定温度0~1℃)がない冷蔵庫の冷蔵室(設定温度3~6℃)で、生の野菜を保存する方法を紹介します。

2020年6月30日 更新

ライター : VEGEDAY

VEGEDAYは、カゴメが運営する、野菜をもっと楽しんでもらえるように、もっと好きになってもらえるように、皆さんがずっと健康でいられるように、お役に立てる情報を提供するメディアで…もっとみる

この記事は、毎日の生活を野菜で楽しく、 カゴメが運営する野菜専門メディア「VEGEDAY」の提供でお送りします。

野菜を冷蔵庫の冷蔵室で保存(温度:3~6℃)

冷蔵室は、野菜室よりも低温で、かつ湿度が低くなっています。そのため冷蔵室で保存する場合は、一工夫が必要です。

[立てて保存]

アスパラガス
1. 端を少し切り落とし、1~2cmの水を入れたビンに穂先を上にして立てる。
2. ポリ袋をかぶせて保存する。

保存の目安:10日ほど
●ブロッコリー
1. 茎を根元から1cmほど切り、根元が浸かる程度に水を入れたグラスに立てる。
2. 空気が入るようにポリ袋をふわっとかぶせて、輪ゴムで閉じて保存。

保存の目安:10~14日ほど
●かいわれ大根
1. 購入したパックに、根元のスポンジが浸かる程度に水を入れる。
2. 上部にラップをかけて保存。

保存の目安:1週間ほど

[切って保存]

●ニラ
1. 3~4cmの長さに切って保存容器に入れる。
2. かぶるくらいの水を入れて、ふたをする。
3. 3日おきに水を取り替える。

保存の目安:10日ほど
●セロリ
1. 葉を切り落とし、茎を使いやすい長さに切って保存容器に入れる。
2. かぶるくらいの水を入れて、ふたをする。
3. 3日おきに水を取り替える。

保存の目安:10日ほど
●水菜
1. 使いやすい長さに切り、水に1~2分さらして、ざるにあげて水気をふき取る。
2. 容器にキッチンペーパーを敷き、水菜を入れる。
3. 上からキッチンペーパーをかぶせ、ふたをして保存。
4. キッチンペーパーが濡れてきたら取り替える。

保存の目安:10日ほど

野菜を冷蔵庫の冷凍室で保存 (温度:-18~-22℃)

冷蔵に弱い野菜や、一度で使い切れなかったとき、すぐに食べない場合などは、冷凍で保存しておきましょう。

常温で保存(温度:15~25℃)

タマネギやさつまいも、じゃがいも、かぼちゃなどは、常温で保存できます。風通しの良い場所に保管しましょう。

最後に

野菜室やチルド室がない冷蔵庫でも、長期保存できる野菜があります。野菜ごとの保存温度と保存法を知って、野菜を上手に保存してください。
最終更新:2020.06.12
文:アーク・コミュニケーションズ 写真(撮影):清水亮一(アーク・コミュニケーションズ) 写真(撮影協力):吉田めぐみ 監修:カゴメ 参考文献: 『ひと目でわかる!食品保存辞典』島本美由紀著(講談社)
提供元:
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS