地元ライター厳選!京都市のおすすめテイクアウト7選【中京区】

この記事では、京都市中京区エリアでテイクアウト可能なおすすめ店をご紹介します。専門店の焼きそばから、カレー、肉料理まで、いま食べておきたいメニューを厳選。気になったものは、ぜひ食べてみてくださいね。

2020年6月17日 更新

ライター : グッチジャパン

京都の情報誌の営業・制作を経て、2018年に男性版情報誌の編集長に就任し、飲食店の立ち上げやプロデュースなどを兼務。昼夜問わず年間300軒以上の飲食店へ足を運ぶ。京都で人気のお店…もっとみる

1. 錦市場の食材を使用した料理「酒とめし錦食堂」

Photo by グッチジャパン

お店は、京都の台所「錦市場(にしきいちば)」からすぐ。“懐メシ昭和の大衆食堂”をコンセプトに、昼は20種類以上の定食、夜は60種類以上の逸品メニューがそろいます。漬物や卵、鮮魚や豆腐などの食材は錦市場から仕入れているとあって、本当の地元の味が楽しめますよ。

通し営業なので、ランチやディナー、カフェタイムまで、いつ立ち寄っても食事がいただけるのはありがたいですね。テイクアウトも常時可能です。

唐揚げ弁当

Photo by グッチジャパン

500円(税込)
種類豊富な定食のなかで人気なのが唐揚げ。外はカリっと中はジューシーに揚げられており、サイズが大きいのもうれしいです。大根おろしやレモンをかければ、さっぱりといただけますよ。

惣菜では、「三木鶏卵(みきけいらん)」の玉子焼きや「桝梧(ますご)」の漬物入りポテトサラダなど、錦市場の食材を活かした味が楽しめます。弁当は500~600円(税込)と、お得な値段設定なので毎日でも通えますね。
店舗情報

2. コシのある自家製麺「焼きそばスタンドバイミー」

Photo by グッチジャパン

2020年、烏丸御池にオープンした焼きそば専門店。なんと目と鼻の先にあるラーメン店「麺屋優光(ゆうこう)」の新業態店舗です。ラーメン店の系列だけあって、もちもちの手作り自家製麺が話題に。

スパイシーな香りが食欲をそそる定番のソース味、貝ダシの風味豊かな塩味、さらには夜限定のキーマカレー焼きそばも見逃せません。テイクアウトは通常営業時も可能ですよ。

塩焼きそば

Photo by グッチジャパン

750円(税込)
一番人気は「塩焼きそば」。オリジナルの特製塩ダレに「麺屋優光」の貝ダシを合わせた深い旨みが口の中に広がります。貝ダシはアサリ、シジミを贅沢に使用しておりインパクトも抜群。

足踏み製法の自家製ちぢれ極太麺を混ぜ合わせれば、もちもち食感の焼きそばが味わえますよ。麺は、お好みで太麺か細麺が選べます。
店舗情報

3. お重で焼肉弁当「焼き肉家 益市 堺町錦」

Photo by グッチジャパン

1994年のオープン以来、グループ店を併せて6店舗ある、京都民に愛されているお店です。なかでも、京都市内の中京区にある堺町錦店は、アクセスが良く近隣のサラリーマンやOLでにぎわっています。

提供するお肉は、全国各地から仕入れる黒毛和牛や鹿児島の黒豚、名古屋コーチンなどこだわり抜かれたもの。プロの目利きで厳選した上質なお肉を、炭火で味わえます。現在、期間限定でテイクアウトをおこなっていますよ。

上タンねぎ塩弁当

Photo by グッチジャパン

1,480円(税込)
数種類の焼肉弁当のなかでも根強い人気メニューが「上タンねぎ塩弁当」。“益市といえば、ねぎ塩”といわれるほど、ねぎがどっさりのっています。

食べ応えある分厚い上タンは旨味十分。レモンをかければさっぱりいただけますよ。すべてのお弁当にキムチやナムル、お惣菜など9種類のおかずが付いてくるのもうれしいですね。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS