6. ミッキー好き必見「バンブープレート&バンブーカップ(DD、イニシャル柄)」

Photo by kanipangram

各110円(税込)
ダイソーにはディズニーコラボ商品があるってご存じでしたか?こちらはシンプルなミッキーがおしゃれなデザインで、発売当初から大人気の商品なんです。プレート・コップ・トレーなど、いろいろな種類で展開されています。

ディズニーグッズというとお値段が張りますが、こちらは100円ショップなので、どれももちろん110円(税込)です!プレートとカップを全カラーそろえても1,100円と、お買い得気分が味わえます♪
我が家では、朝ごはんやおやつのプレートとして大活躍しています。プレートとおそろいでコップも同じカラーをそろえたくなりますね。 丈夫なバンブー素材の食器なので、ちいさな子どもと一緒に使えるところもおすすめポイントのひとつです。

ほかにもボウルやマグカップ、トレーもあります。気になる方はこちらもチェックしてみてくださいね♪

7. 高見えデザインが魅力的「ホーロー風マグ」

Photo by ツマ

各220円(税込)
ホーロー製品って雑貨屋さんで買うと結構高かったりするのですが、ダイソーだとデザインもかわいいホーロー風マグが220円(税込)で購入できます♪特に、ネイビーの落ち着いた色味が、高級感を引き立ててくれますよね。ただし、レンジでの取り扱いがNGなのでそこはご注意です。

Photo by ツマ

ホーロー風の質感がおしゃれなコーヒータイムを演出。絵柄はついているものの、シンプルなデザインなのでナチュラル系や北欧系のインテリアにも自然と馴染んてくれますよ。

8. SNSでも大人気「オーロラグラス(丸、約350ml)」

Photo by ツマ

各220円(税込)
光の当たり方や角度によってキラキラの輝きが変化するオーロラグラス。最近、販売しているお店が多くSNSでも話題だったのですが、ついにダイソーでも発売されました!お値段も220円(税込)とお手頃なので、店舗によっては売り切れるほど人気です。

Photo by ツマ

そこに置くだけで”映え”なオーロラグラスは、思わず遊びに来たお客さんにもお披露目したくなっちゃいます。容量は350mlなので、見た目以上に飲み物を注ぐことができ機能的な部分も文句なしです!

9. パーティー気分が味わえる「ガラスタンブラー(ストロー付、490ml)」

Photo by ツマ

110円(税込)
ガラス製でいつもよりリッチな気分になれるこちらのタンブラー。シンプルな英字のロゴに、小さな星が描かれた大人っぽいデザインです。紙コップとは違い、使い捨てではないですしプラスチックのストローもついてくるので、エコなところも押せるポイント。

Photo by ツマ

こちらはおもてなしやおうちカフェ用として使っています。テーブルに並べるだけで、いつものおやつタイムをキュートに演出できますよ。実は中身は麦茶!なんてこともありますが、かわいらしい見た目で子ども達やお客様のウケがとても良いです。
ふた付きなので、子どもが倒してもすぐにビシャっと中身がこぼれないところもポイントなんですよ。

10. 有名な焼物にそっくり「ドット柄どんぶり」

Photo by ツマ

110円(税込)
白地にドットのデザインが思わず目に留まるスタイリッシュなどんぶり。これ、あの有名な焼き物「波佐見焼」に少し似ているんですよね。普通に買うとそれなりにお値段がする波佐見焼ですが、ダイソーということで110円(税込)で購入できるのは嬉しい限りです。

Photo by ツマ

たっぷり入るサイズ感なのでどんぶりだけではなくうどんなどの汁物でも使えそうです。どんぶりって柄が地味だったりしますが、このドット柄は現代的ですごくおしゃれですよね。女性でも使いやすい柄だと思います。

番外編:SNSでも大人気「竹ひまわりコースター」

Photo by kanipangram

各110円(税込)
Instagramでよく見かけるお花の形をしたコースター。実はダイソーで売っているんです!「竹ひまわりコースター」はコップの下に敷くだけで、シンプルなグラスもかわいく見えてきます。コースター部分は網目模様やコルクなど、いろいろな種類があるのでお好みのものを選べますよ。

Photo by kanipangram

コースターをアクセサリートレイにして、インテリアとして使うのもいいですね。軽くてシンプルな見た目が使いやすいのでおすすめです。ぜひおもてなしで使ってみてください♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ