地元ライター厳選!札幌のおすすめテイクアウト5選【大通編】

この記事では、札幌中心部・大通エリアのおすすめテイクアウトを5店紹介します。お肉たっぷりのお弁当や道産原材料を使ったスイーツ、道産小麦のパンなどを、札幌在住のグルメライターが厳選。おうち時間が増えているこの機会に、お店の味を気軽にテイクアウトで楽しみましょう。

2020年6月2日 更新

ライター : 高井 なお

道産子主婦グルメライター

札幌生まれ、札幌育ちの主婦グルメライター。15年以上かけ全179市町村3,500件以上を食べ歩いています。北海道と食べ歩きをこよなく愛し、おいしいモノを食べている時が1番しあわせ。北…もっとみる

1. ふんわり食感のささみがおいしい「やきとりマルコ本店」

Photo by 高井なお

大通エリアに2店舗をかまえる「やきとりマルコ」。本店は2018年に移転オープンし、ランチからお酒が楽しめる全45席のやきとり専門店です。

鶏肉、豚肉ともに北海道産のチルドのみを使用。備長炭でじっくり丁寧に焼き上げるお肉は、酒の肴はもちろんお食事としてもおすすめです。

特選やきとり弁当(タレ)

Photo by 高井なお

900円(税抜)
串4本(とり精、豚精、ささみ、つくね)と揚げ、うずらの卵をご飯にのせたお弁当。以前はイートインのみでしたが、4月からテイクアウトでの提供がスタートしました。

お肉のふっくら感がほかの店とは一線を画しており、特に「ささみ」が秀逸。サラりと仕上げた特製ダレともっちり炊かれた道産米が、お肉のおいしさをさらに引き立てています。
店舗情報

2. 今だけの高コスパなお弁当「ノースコンチネント まちのなか店」

Photo by 高井なお

札幌市内に2店舗を展開するハンバーグ専門店。2009年にオープンした「ノースコンチネント まちのなか店」は札幌中心部にありながら、ビルの地下1階にひっそり佇む穴場的な立地が魅力です。

カウンター10席とテーブル26席の店内は「都心の森」がモチーフ。あたたかみのある癒しの空間が出迎えてくれます。

ハンバーグ&餃子&トマトカレー 持ち帰り弁当

Photo by 高井なお

1,000円(税込)
ハンバーグに加え、このセットのために考案されたトマトカレー、姉妹店「北大陸」のいももち皮の餃子がセットに。

牛・豚ともに北海道産が使用されているハンバーグは160gのたっぷりサイズで、肉のうま味がギュッと凝縮されています。カレーは真空パックになっているので、冷凍して別日に楽しんでも。今だけのお得なセットをお見逃しなく!
店舗情報

3. 高品質な美味スイーツ「六鹿デイ」

Photo by 高井なお

札幌駅のステラプレイスにあった「六鹿」が店名を変えて復活した「六鹿day(ムジカデイ)」。レモンやスパイスを使用した個性ある「ごはん」と、アメリカンワッフル専門店「マチカチ」監修のシンプルでクラシックな「おやつ」がテーマのお店です。

ここでは、北海道産の原材料をふんだんに使ったテイクアウトスイーツをご紹介します。

北海道カスタードプリン(手前左)

Photo by 高井なお

450円(税込)
「六鹿day(ムジカデイ)」のスイーツはどれもやさしい甘さ。なかでも人気なのが「北海道カスタードプリン」です。カラメルソースの苦味に最初は驚くかもしれませんが、プリンとの調和がクセになるおいしさ。

個人的におすすめしたいのが、一般に出回らない北海道産バターミルクを使用したスコーンです。ほかにはない食感が体験できますよ。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS