かつおにはどんな栄養がある?管理栄養士がおすすめの食べ合わせを紹介

かつおには、たんぱく質のほか、魚介類に特有な栄養素が多く含まれているため、ぜひ普段の食事に取り入れてほしい食品です。こちらの記事では、管理栄養が効率よく栄養を摂れる食べ合わせと、具体的なレシピもご紹介しているのでぜひご覧くださいね。

2020年5月28日 更新

ライター : 堀田芙美惠

管理栄養士

働く女性のスリムと心のお悩みを食事からやさしくサポートする専門家。ひとりひとりの目的に合った、続けやすい食生活アドバイスが得意。ライターとしても活躍。食や栄養についての情報…もっとみる

かつおの栄養と効果効能とは?

たんぱく質

かつお100gあたり、25.8gのたんぱく質が含まれています。(※1)

たんぱく質は、筋肉や臓器、ホルモンや抗体などの構成成分で、体力や免疫力を下げないために毎食しっかり摂ることが大切。そのほか、たんぱく質が多く含まれる食品は、魚、肉、卵、大豆などがあります。(※2)

ビタミンB12

かつお100gあたり、8.4μgのビタミンB12が含まれています。(※1)

ビタミンB12は、赤血球の一部であるヘモグロビンの生成を助ける栄養素です。また、脳から命令を送るための神経を、正常に保つ働きをします。動物性食品に含まれ、特に魚介類やレバーに多く含まれていますよ。(※3)

ビタミンD

かつお100gあたり、4.0μgのビタミンDが含まれています。(※1)

ビタミンDは、丈夫な骨作りをサポートする栄養素で、カルシウムの吸収を促進する働きがあります。ビタミンDが含まれている食品は比較的限られていて、魚介類、卵、きのこ類などがあげられますよ。(※4)

カリウム

かつお100gあたり、430mgのカリウムが含まれています。(※1)

カリウムは、ナトリウム(塩分)とバランスを取りながら、塩分を体外に排出する作用がありますよ。その結果、むくみ対策に役立つ嬉しい働きが。カリウムは、野菜や果物などの食品に含まれる栄養素で、不足しないためには一日3食バランスよく食べることが大切です。(※5,6)

鉄分

かつお100gあたり、1.9mgの鉄分が含まれています。(※1)

鉄分は、赤血球の一部であるヘモグロビンの材料になる栄養素。不足すると酸素不足で、頭痛がしたり疲れやすくなったりします。鉄分を含む食品はたくさんありますが、魚や肉に含まれる鉄分のほうが、野菜や大豆に含まれる鉄分より吸収がよいです。(※7)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS