ライター : 相羽 舞

管理栄養士

大学卒業後、保育園にて勤務し離乳食と幼児食の献立作成や調理を経験。現在は4歳と2歳の兄弟を大騒ぎで子育て中です。専門的な内容でもわかりやすい記事を目指して執筆しています。

ソイプロテインを摂取しただけで痩せるわけではない

この記事では、ソイプロテインがどのようにダイエットに役立つのかお伝えしますが、「ソイプロテインを摂取するだけで痩せる」というものではありません。ダイエットの基本は、食事から摂取するエネルギーよりも消費するエネルギーを増やすことで減量を目指すものです。

特定のものを食べ続けたり、極端な食事制限をおこなったりすると、リバウンドや栄養不足により体調を崩すおそれが。ソイプロテインはダイエットのサポートとして、上手に摂り入れましょう。(※1)

プロテインには種類がある!それぞれの特徴や効果

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは、牛乳を原料とするプロテインです。牛乳中のカゼインや乳脂肪分を取り除いて作られます。成分は母乳に近いとされ、低カロリーで吸収が速いのが特徴。

ホエイプロテインは、トレーニングで身体を鍛える方におすすめです。すばやくたんぱく質の補給ができるため、運動直後の摂取により、効率よく筋肉の回復を促すのに役立ちます。(※2,3)

カゼインプロテイン

ホエイプロテインと同じく、カゼインプロテインも牛乳が原料です。カゼインは一般的に「乳固形分」と呼ばれる成分のひとつで、生乳中のたんぱく質のうち約8割を占めます。ホエイプロテインが水溶性なのに対し、カゼインプロテインは不溶性で、固まりやすいため、吸収がゆっくりなことが特徴です。

カゼインプロテインは、寝る前に摂取すると、カルシウムをはじめとするほかの物質と結びつき、ゆっくりと吸収させるはたらきがあります。(※2,3)

ソイプロテイン

ソイプロテインは、大豆を原料とするプロテインです。吸収がゆっくりで、満腹感が続きやすいため、ダイエットにも活用できます。また、たんぱく質のほか、大豆に含まれる栄養を摂ることができるのもメリットです。

ソイプロテインはホエイプロテインやカゼインプロテインよりも脂質が少ないほか、牛乳でお腹の調子を崩しやすい方でも、安心して摂取することができますよ。(※2,3,4)

ソイプロテインダイエットで得られる効果

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ