ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

このダイエットについて教えてくれた人

工藤内科 副院長 工藤孝文(くどうたかふみ)先生
ダイエット外来医師。福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。現在は、福岡県みやま市の工藤内科で診療を行っている。 「ガッテン!」(NHK)、「世界一受けたい授業」(日本テレビ)、「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ)「名医のTHE太鼓判」(TBSテレビ)をはじめとするTV番組へ出演するなど、メディア出演多数。 日本内科学会・日本糖尿病学会・日本肥満学会・日本抗加齢医学会・日本東洋医学会・日本女性医学学会・日本高血圧学会・小児慢性疾病指定医。

ミートファーストダイエットはどんなダイエット法?

お肉を上手に食べる。ただそれだけで理想の体型を目指していけるというダイエット法があります。

ミートファーストダイエット。

世間一般ではお肉ダイエットとも呼ばれるこのダイエット法、2019年にはテレビ番組でも紹介され、大きな反響を呼びました。
『ミートファーストダイエット』(ワニブックス刊)を著書にもつダイエット外来医師、工藤孝文先生によると、そのポイントは“お肉を先に食べること”だといいます。

ミートファーストダイエットの特徴

このダイエットの特徴は“ミートファースト”。近年、野菜を先に食べるベジファーストがダイエットに効果的だとされてきましたが、これはすでに過去の常識だと工藤先生。
「ベジファーストは、食物繊維を先に食べることで、脂肪の蓄積や肥満の原因となる血糖値の急上昇を抑えるという理論でした。ただ実のところ、野菜とお肉、どちらを先に食べた場合も血糖値の上がり方にはほとんど変わりがないのです。

しかも、少食の女性やお年寄りがベジファーストを実践した場合、野菜を先に食べてお腹いっぱいになってしまうことが考えられる。それでは必要な栄養素、とりわけたんぱく質を十分摂取できず、貧血や筋肉量減少の原因になってしまいかねません。

一方ミートファーストは、食後血糖値の上昇を防ぐだけでなく、大幅な食欲抑制効果や満腹感を得られることが最新の研究でわかってきました。お肉を先に食べるミートファーストダイエットは、食べる順番ダイエットの新常識なのです」

ミートファーストダイエットの効果

では、食事の最初にお肉を食べると具体的にどんな効果を期待できるのでしょうか。工藤先生に詳しく教えてもらいました。

1. 血糖値の上昇を抑える

お肉の油によって分泌される食後ホルモン=インクレチンの働きで、血糖値の乱高下が抑えられます。
インクレチンはやせホルモンとも呼ばれていて、肉を食べることで分泌されます。野菜や炭水化物でも分泌自体はされるのですが、肉の脂質に対する分泌反応の方がずっと早いのです。

また、インクレチンは血糖値の上昇を抑えるだけでなく、胃酸の分泌も抑えます。胃酸が減り、腸で食物が消化されるスピードが遅くなれば、やはり血糖値の上昇は抑えらる。こうした点からもミートファーストは有効と考えられます」

2. 脂肪を燃焼させる

お肉に豊富に含まれているL-カルニチン。この成分が脂肪燃焼を助けます。
「L-カルニチンには体内の脂肪を燃やしてエネルギーに変換する作用があります。できるだけこの成分を豊富に含むお肉を食べるようにすることで、より効果的なミートファーストダイエットが可能となります」
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS