ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

春の七草とは

人日の節句に食べる七草粥の材料

Photo by macaroni

もともとは旧暦の1月7日(現在の2月頃)、人日(じんじつ)の節句に食べられていた「七草粥」。唐の時代に食べられた「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」と、万葉集でも詠まれた「若菜摘み」とが合わさってできた風習だと言われています。

七草粥を食べる理由については諸説ありますが、もともとは邪気払いや無病息災、五穀豊穣の祈りを捧げる意味がありました。最近では、お正月のおせち料理に疲れた胃を休めるために食べるという人もいます。

春の七草の名前と特徴

芹(せり)

Photo by macaroni

爽やかで独特な香りが食欲を刺激する「芹(せり)」。芹という和名は、芹の若葉が競り合うように生えていることからついた名前で、「競り勝つ」という意味が込められた縁起物なんです。

和食のアクセントとして欠かせない食材ですが、葉も茎も食べられるので、和え物やおひたしなど、メインの食材としてもおいしくいただくことができます。

薺(なずな)

Photo by macaroni

「ぺんぺん草」とも呼ばれる「薺(なずな)」。「撫でて汚れを払う」という意味があります。花の下の果物の部分が、三味線のバチのような形になっているのが印象的な、アブラナ科の植物です。

文字で記録を始める以前の時代に、ムギとともに日本に渡来したと考えられています。普段公園や道端で見かけていたぺんぺん草が、日本のハーブだなんて驚きですよね!

御形(ごぎょう)

Photo by macaroni

別名「母子草(ははこぐさ)」と呼ばれるキク科の植物で、葉も茎も白い綿毛で覆われ、春には黄色の小花をたくさんつけます。現在はよもぎを使って作る草餅ですが、昔は「御形(ごぎょう)」を使って作られていました。七草粥以外にも、お茶にしたり、天ぷらにしていただくことができます。

繁縷(はこべら)

Photo by macaroni

日本最古の本草書「本草和名」に出てくる波久部良(はくべら)が転じ、繁縷(はこべら)という名前がついたそうです。ハコベとも呼ばれるナデシコ科の植物で、「繁栄がはびこる」という意味があります。

七草粥以外にも、おひたしやゴマ和えとして味わえるほか、野原によく生えていることから鳥の餌としても食べられています。

仏の座(ほとけのざ)

Photo by macaroni

「仏の座(ほとけのざ)」には2種類あって、道端に咲いている紫の花をつけたものは食用ではありません。食用の「仏の座」は、「コオニタビラコ」というキク科の植物です。

この名前は、放射線状に広がる葉の様子が仏様の座る台座に似ていることからつきました。まだ若い葉は、炒め物や天ぷら、佃煮としてもいただくことができます。
Photos:10枚
春の七草(せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ)
せり(春の七草)
なずな(春の七草)
ごぎょう(春の七草)
はこべら
ほとけのざ(春の七草)
すずな(春の七草)
すずしろ(春の七草)
七草がたっぷりと入った七草粥
七草粥といくらと漬物、平皿にのった春の七草
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS