100人以上に選ばれた。人と被らない「個性豊かなチョコスイーツ」

1月も後半にさしかかり、もうすぐ2月。そろそろバレンタインの準備をはじめる人も多いのではないでしょうか?今回は、お取り寄せで大人気だった、バレンタインにおすすめの個性豊かなチョコスイーツをご紹介します。

2020年1月21日 更新
この時期、バレンタインに向けて、大切な人や自分用にチョコレートを探している方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、おとりよせネットのユーザーの方々から「おいしかった!」を100票以上集めたチョコスイーツをご紹介します。 和と洋を組み合わせたものなど、個性豊かなものばかりです。

老舗とらやが手掛ける、あんとチョコレートのコラボケーキ

和菓子の老舗「とらや」が作ったカフェ「TORAYA CAFÉ」では、「あん」を気軽に楽しめるお菓子が並びます。 そんな「TORAYA CAFÉ」で人気のスイーツ「あずきとカカオのフォンダン」は、お取り寄せネットのユーザーの方々から「おいしかった!」を400票以上集めた品です。
見た目はチョコレートケーキですが、とらやこだわりの「こしあん」「小倉あん」とチョコレートを合わせて焼き上げています。 ずっしりと重みのある生地は、舌触りが濃厚で口溶け滑らか。あんとチョコレートの風味に、シナモンやポートワインがアクセントになり、大人な味わいを楽しめます。 和菓子好きにも、洋菓子好きにも喜ばれそうなスイーツです。
チョコレートケーキを引き立てるのは、シンプルなボックス。洗練された印象のデザインで、大切な方への贈り物にもおすすめです。
ケーキ自体はそれ程大きくはありませんが持ってみると、とてもずっしりとした重さにびっくり。ナイフを入れると、とてもしっとりとしていて、ナイフ伝いの、その重みにまたびっくり。生地の濃厚さが伝わってきます。 一口食べるとチョコレートケーキ?と思いますが、食べすすめるとチョコとあんのコラボレーションを感じられました。(にゃんこさんさん)

サクサクの軽い食感。上品で美しい新感覚ブラウニー

まるでボンボンショコラのような「ショコラブラウニー」は、札幌のチョコレート専門店「ショコラティエ マサール」の人気商品。 1988年に創業したお店で、札幌市にある店舗のほか、新千歳空港にもお店を構え、美味しいショコラを札幌で作り続けています。
ブラウニーといえばしっとりとした生地が一般的ですが、ショコラブラウニーはサクサクと軽い食感が特長。 クルミをたっぷりと混ぜ込んだ生地を、カリッとするまで焼き上げ、チョコレートでコーティングしています。 パクッと口の中に入れると、濃厚なチョコレートの風味とほろ苦さが広がりますよ。
透明の筒型パッケージにコロンと入ったブラウニーは、上品で美しいフォルムが目を引きます。 ほっと一息つきたいティータイムや、お酒のおつまみとして、1つずつじっくりと大切に楽しみたくなる1品です。
透明なパッケージに入った、コロンとキュートな、まるでボンボンショコラのような形のブラウニー。 サクッっと軽くて、クルミの香りがとってもよくて、お口に入れるとサクサクサクサク。コーティングしたチョコレートとブラウニーがマッチして、ああ、ほっとする。 ふう、美味しい、しあわせ。今年もバレンタインシーズン真っ最中など、私の超繁忙期に、サクサクサクサク、やさしく心を癒やしてくれていました。(お取り寄せの達人:市川歩美さん)

ついつい手が伸びてしまう!ナッツ好きに贈りたいショコラ

ローストしたペカンナッツに2種類のチョコレートをコーティングした、「グランプラス」の「ペカンナッツショコラアソート」です。 チョコレートは、ベルギー産の上質なクーベルチョコレートを使用。ペカンナッツの香ばしさとチョコレートの濃厚さを堪能できますよ。
アソートになっている味は、キャラメルとココア。キャラメル味にはホワイトチョコレートを使い、キャラメルパウダーをまぶしてあります。 ホワイトチョコレートの甘味と、キャラメルの風味が絶妙です。ココア味はミルクチョコレートでコーティング。 ココアパウダーがまぶされており、ココアの香りが口いっぱいに広がります。
ペカンナッツの食感とチョコレートの口溶けがクセになり、食べ始めると、ついつい手が伸びてしまうショコラです。箱のデザインも素敵で、贈り物にすると話題になることでしょう。
キャラメル味は、ペカンナッツがホワイトチョコレートでコーティングされていて、ナッツの香ばしさと、キャラメルの風味、すっと溶けるような、やわらかいホワイトチョコレートが甘くてとてもおいしい☆☆ ココア味は、ミルクチョコレートとカカオのバランスが絶妙!程よい甘さでこちらもおいしい☆☆一粒が大粒なので、とても満足できます。(hitomiさん)

口溶けが驚くほど滑らか! 和と洋を組み合わせた生チョコ大福

生チョコと白あんを羽二重餅で包んだ、「大阪・甘泉堂」の「生チョコ大福」です。コロンと丸いフォルムは、まるでトリュフのよう。 ココアパウダーとチョコレートに加え、金箔もあしらわれたリッチなチョコスイーツです。
チョコレートと北海道産の生クリームを絶妙に配合した生チョコは、口の中で滑らかにとろけていきます。 生チョコを包んでいる白あんは、量が控えめながらも和のテイストをしっかりとプラス。 さらにそれを包む羽二重餅は、滑らかな生チョコの口溶けを堪能できるようにごく薄く仕上げているそうです。
もちっとした羽二重餅の食感と、とろりと口の中で溶けていく生チョコと白あんの舌触りは、新感覚の味わいを楽しめます。 1つずつ個包装になっているため、食べたい分だけ解凍可能です。和と洋を組み合わせたチョコスイーツは、幅広い年齢の方に好まれるでしょう。
お餅はぷっっくりころりととても可愛らしい丸い形をしています。小さいようで持った感じはずっしりと重い。ギュッと詰まった感じが嬉しいですね~。 触るとふわふわでとっても柔らかいです。お餅の周りをコーティングしているココアパウダーはほろ苦く大人な感じです。そして中の生チョコレートがこれは筆舌に尽くしがたいほどの絶品です。(kinakoさん)

見た目はシンプルだけど味わいのインパクト大。蒸し羊羹とガナッシュの2層仕立て

北鎌倉にお店がある「パティスリー カルヴァ」では、和素材を組み合わせた日本ならではのチョコレートが並びます。 その中の1つ「羊羹ショコラ」は、蒸し焼きにした羊羹とガナッシュを2層仕立てにしたスイーツです。
食べるまで予想がつかない蒸し羊羹とガナッシュの組み合わせ。一般的な蒸し羊羹は、もっちりとした弾力の強さが特長ですが、この蒸し羊羹は弾力がありながらもみずみずしさが絶妙。 希少なクリオロ種のカカオを使用したガナッシュと、蒸し羊羹が口の中で融合しながら溶けていき、食べた瞬間に驚くほど一体感がありますよ。
贈り物にするなら味だけでなく、パッケージも気になりますよね。羊羹ショコラは、高級感のある木箱入り。 シンプルなフォルムの羊羹を取り出して切り分けると、美しい2層の断面が表れ、食べる前から期待が高まるスイーツです。
まず驚かされるのは、羊羹部分の食感です。水羊羹だと水分が多く、油分であるガナッシュとはうまくまとまりません。 そのため、こちらは“蒸し羊羹”なのですが、小麦粉や米粉などのでんぷん質を入れて蒸すと、通常は、むっちり、もっちりとした弾力が出ます。 でもこの羊羹は、程よい弾力はありつつ、実に口どけよくみずみずしく、教えていただかなかったら、蒸し羊羹とは思わなかったほど。(お取り寄せの達人:平岩理緒さん)
提供元:
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS