ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

レンジで簡単!お手軽ケランチム

Photo by muccinpurin

韓国風茶わん蒸しとも呼ばれるケランチム。トッペギ(韓国の土鍋)からこんもりと溢れんばかりのビジュアルと、ふわっふわのやさしい食感が、辛い韓国料理の癒し的存在です。 そんなケランチムが、レンジで手軽に楽しめる斬新なアイテムを発見。実際に作ってみました♪

ケランチムとは…?

朝鮮語で「ケラン」は「鶏卵」、「チム」は「蒸す」を意味し、卵を蒸して作る料理を差します。 トッペギと呼ばれる小ぶりの土鍋で薄味のスープを煮立て、そこに卵液を流し込んでかき混ぜながらゆっくりと火を入れていきます。卵が大方固まったら深さがあるボウル状のフタをかぶせて1分ほど蒸らし、ふんわりと膨らませて仕上げます。

カルディ「ケランチム 韓国風蒸し焼き卵の素」

Photo by muccinpurin

カルディ「ケランチム 韓国風蒸し焼き卵の素」248円(税込)
ケランチムは本来、火にかけてかき混ぜながら、じっくりと作る手間のかかった料理です。その特徴であるふわっとした見た目に仕上げるには、小ぶりの鍋と長時間混ぜ続ける根気が必要。 カルディの「ケランチム 韓国風蒸し焼き卵の素」を使えば、そんな努力は一切必要ありません。ジッパー付きの袋が、そのまま調理道具として活躍します。

「あとひと品」というときに役立つ

Photo by muccinpurin

パッケージの裏を見てみると、ケランチムの作り方が説明されています。イラスト付きなので、作り方に迷うことはありません。 ちなみに、卵を入れる前の段階なら常温保存が可能。しかも、ほとんど厚みがないので保存場所も取りません。いくつかストックしておけば、「あとひと品欲しいな……」というときにも活躍してくれそうな予感!

Photo by muccinpurin

作る前にちょっとだけ中を覗いてみると、とろりとした液体が入っていました。刻んだにんじんやしいたけも見えますね。昆布やかつおだしの香りもします。すでに調味料が混ぜ合わせてあるので、味付けはいらないようです。 必要な材料は、本品と卵3つだけ。さっそく作っていきましょう。

ケランチムの作り方

Photo by muccinpurin

材料(2~3人前)

・「ケランチム 韓国風蒸し焼き卵の素」……1袋 ・卵……3個 ・青ねぎ(仕上げ用)……お好みで
Photos:11枚
青ねぎをのせたケランチム
ケランチムの素のパッケージ
ケランチムの素のパッケージ裏面
ケランチムの素の中身
ケランチムの材料
卵を入れたケランチムの素
白い皿にのったケランチム
青ねぎをのせたケランチム
小皿に取り分けたケランチム
レンゲにのったケランチム
ケランチムのパッケージ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS