奥沢のパティスリー「パーラーローレル」のスイーツが芸術的すぎる!

東京・奥沢、九品仏駅から徒歩5分、老舗のパティスリー「パーラー ローレル Parlour Laurel」には個性豊かなスイーツが沢山!他では出会う事のできないオリジナリティ溢れるスイーツたちはまさに食べる芸術です!お土産にもどうぞ★

2018年8月22日 更新

芸術的スイーツを食そう♡

東急大井町線、九品仏駅から5分ほど住宅街の中を歩くと、マンションの1階にひっそりと佇む一軒のパティスリーが姿を現します。
1980年創業の老舗、「パーラー ローレル(Parlour Laurel)」
日本洋菓子協会理事の武藤邦弘さんがオーナーシェフを務め、その息子、フランスやベルギーで修行を積んだ武藤康生さんとの親子二代のスイーツが楽しめるパティスリーです。
見た目からはクラシカルな印象を持つ「パーラー ローレル」ですが、一歩踏み入れればそこは別世界! ショーケースに並ぶスイーツは、どれも奇抜で色鮮やか、まるでおとぎ話に出てきそうなものばかりなんです!

コロンビア ¥550

フランボワーズで艶やかにコーティングされたこのキューブ。中には風味豊かなコロンビアのチョコレートを使ったムースと、食感が楽しいイチジクのコンポートが入っています。 さらに、上に載るチョコレート細工には金箔が☆大人なゴージャスな印象の一品です、
外側は大人、内側は優しい甘さの一品。
イチジクも中に入っていて、スッキリ、この一品だけで色んな味に触れられました。

出典: tabelog.com

シチリア ¥600

シチリア産のピスタチオとミルクチョコレートの2層のムースと、甘酸っぱいフランボワーズのソースをスポンジに重ねたケーキです。 上のデコレーションがアクセサリーの様で、とっても可愛い!
ピスタチオのムース、チョコレートのムース、チョコレートのスポンジ、ベリーのジャムを包んだ超絶な芸術品!

出典: tabelog.com

スフェール ¥550

「スフェール(SPHERE)」はフランス語で「球体」という意味。 球体の中にはなめらかなミルクチョコレートムースとパッションムースがぎっしりと入り、土台のクリスピーチョコレートとの食感も楽しめる人気の一品です。
予想より軽めな味。敷かれたクリスピーチョコと上下の味の対比が面白い!

出典: tabelog.com

ゴルゴンゾーラ ¥500

「ゴルゴンゾーラ」という名の通り、ゴルゴンゾーラがふんだんに使われたチーズケーキです。 表面にはボーロがきっしりと敷き詰められ、スポイトに入ったハチミツを染みこませながら戴きます♪
食べる際に蜂蜜を掛ける、華やかなプレゼンテーションが愉しい逸品。子供の頃食べた懐かしの卵ボーロがのっているのも魅力。斬新と安心が同居する、この店ならではの絶品スイーツだ! 

出典: tabelog.com

リヴィエール ¥530

フランス語で“洋川”“川”という意味を持つ「リヴィエール」。 軽い口どけのミルクチョコのムースの中に入った赤ぶどうのゼリーがポイントの、大人なケーキです☆
ここのケーキは造形が秀逸なだけでなく、パウダー、ジュレ、ゼリーなどの流動体の使い方が巧いなぁと感心させられる。

出典: tabelog.com

1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS