ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

とにかく磯の風味が強いソース!

Photo by muccinpurin

農林水産省主催のコンテスト、「フード・アクション・ニッポン アワード」で入賞100品目に選ばれて注目を集める調味料「ホイスターソース」。 聞きなれない名前ですが、オイスターソースではなく “ホイスターソース” です! 海産資源が豊富な宮城県の気仙沼で生まれたホイスターソース、どんな味か気になりますよね……。実際に料理に使って味を確かめてみました。

海かおる ホイスターソース

Photo by muccinpurin

「海かおる ホイスターソース」756円(税込)
海の恵みが豊かな宮城県三陸沖。そんな三陸でじっくりと育ったホヤの旨みを凝縮したのが「ホイスターソース」です。 オイスターソースをもじったようなネーミングにはほっこり癒されますが、どんな味なのか気になりますよね。ホームページによると、「ひとさじ加えるだけで一味違う旨さを演出」とのこと。 たったひと匙でそんなに味が変わるなんて、ますます気になります……。

「目の前に海がある…?」と錯覚するレベル

Photo by muccinpurin

料理に使う前に、小皿に出してちょっぴり味見。キャップを開けた瞬間から “ひと味違う旨さ” の片鱗が顔を出しました。まず、香りが別格! まるで目の前に磯があるような、濃厚な海の香りが広がります。 オイスターソースよりはサラッとしていますが、ソースとしてはとろみが強め。なめてみると、口のなかが磯の香りで支配されます! 「どこかで感じたことのある味だな」と思ったら、海苔の佃煮に似ています。さらにそこにホヤの味わいをプラスしたイメージです。とにかく、オイスターソースの比じゃないくらいの磯っぷり。

Photo by muccinpurin

原材料を見てみると、ホヤエキス、しょうゆ、水あめ、砂糖……とシンプル。これは、ホヤのインパクトが強いはずです。 ホヤの味がどのくらいするか気になる方も多いと思いますが、独特なくさみは感じません。それより磯の香りを強く感じるので、ホヤが苦手な方にもチャレンジしやすいはずですよ。 化学調味料は無添加ですので、安心して料理に使うことができます。

「ホイスター炒め」を作ってみた!

Photo by muccinpurin

実は筆者もホイスターソース初体験なのでどんな料理に使うか悩んだのですが、オイスターソースをホイスターに置き換えればいいのでは、という結論に至りました。 と、いうことで筆者がよく作る「厚揚げときのこのオイスター炒め」をホイスターソースで。 厚揚げと豚バラ肉を焼き色が付く程度炒め、しめじを加えます。きのこはお好みのものを使ってください。

Photo by muccinpurin

仕上げにホイスターソースを加えて、全体に炒め合わせます。 フチのソースに火が入り、ちょっと香ばしい香りがしてきたら完成の合図ですよ。

お肉との相性もばっちり!

Photo by muccinpurin

豚肉とホイスターソースの相性が気になるところでしたが、決してけんかすることなく、豚肉の旨みをしっかりと引き立ててくれました。とはいえ、磯の主張は強く、噛むほどに口いっぱいに磯の香りが広がります。ホヤの本領発揮、といったところでしょうか。 オイスターソースより甘みが少ないので、ご飯との相性もよさそう。今回はホイスターソースだけで味を付けましたが、甘みと塩気のバランスがちょうどよく、これひとつで味が決まるのがとても便利だと感じました。

焼きおにぎりに使うのが大正解!

Photo by muccinpurin

海苔の佃煮の香りに似ていることをヒントに、焼きおにぎりを作ってみましたが、これが大正解!おにぎりにホイスターソースを塗り、焼き色がつく頃には食欲をそそるいい香りが……♪ いつもの焼きおにぎりよりもちょっとクセはありますが、なんといってもごはんとの相性が抜群!「海の家や屋台で売っていたらまとめ買いするのにな」というレベルのおいしさです。ごはんに青ねぎや刻んだ大葉を混ぜるとさわやかさがアップしそう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS