ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

人気の鯖缶をアレンジ♪

Photo by muccinpurin

レトロなパッケージと安定したおいしさでファンが多い、カルディの鯖缶。 macaroniでもその魅力やアレンジ方法をご紹介してきましたが、この度「鯖缶に混ぜるパテの素」というなんとも便利そうなアイテムが発売されました。 しかも、ひと袋に3種類のフレーバーが入っているとあって、これはおもてなしで大活躍の予感……!

カルディオリジナル「さば缶に混ぜるだけ 3種のパテの素」

Photo by muccinpurin

「カルディオリジナル さば缶に混ぜるだけ 3種のパテの素」198円(税込)
鯖缶だけでもおいしいのに、まだおいしさの上を目指すカルディ、その考え方素敵です。 とにかく “鯖缶に混ぜるだけ” という手軽さが魅力的。忙しいときでも混ぜるだけならできそうだし、ひと袋で3種の味が楽しめるというところが、アレンジを利かせて料理上手になった気分にも浸れます。いや、実際料理上手になれます。

Photo by muccinpurin

袋を開けると3種類のパテの素が登場。特にイラスト等はなく、それぞれのフレーバー名が書かれているだけのシンプルな小袋です。 大勢のパーティーなら3種類で食べ比べが楽しめますし、「今日はさっぱりとしたいからレモンハーブかな♪」なんて、気分で使い分けるのもよさそうです。 鯖缶もパテの素も常温保存可能なので、ストックしておけば急な来客にも対応できますね! さっそく実際に作っていきましょう♪

「パテの素」を使ってみた!

材料

・カルディ「鯖缶」……1缶 ・お好みのパテの素……ひと袋 ・ハーブやナッツなどのトッピング……お好みで

作り方

Photo by muccinpurin

まず、ボウルに鯖缶を開けます。大きめのボウルのほうが鯖をほぐしやすそうです。このとき、缶汁を切っておくのがポイント。水分が多いとクラッカーやバケットに染みておいしさが半減してしまいますよ。 そこにパテの素を加え、フォークでひたすら混ぜていきます。

Photo by muccinpurin

食感を楽しみたければ粗ほぐしに、しっかりめにほぐすとペースト状になってなめらかな食感が楽しめます。ここは、お好みでどうぞ♪

Photo by muccinpurin

あとは、クラッカーやトーストにのせるだけ♪ 作り方と呼べるほどむずかしくありません。ただただ混ぜるだけ、これは手軽です! できあがりはどれも見た目に大差がないので、ハーブやレモンスライスをのせて目印をつけておくとよさそうですね!

三者三様の魅力的な味わい

さっぱり食べたいならレモン

Photo by muccinpurin

まずはレモンから。さばの独特の香りをレモンのさわやかな酸味がほどよく抑え、さっぱりとした味わい。酸っぱすぎないので、さばの味わいを一番感じやすいのがこのフレーバーかもしれません。 キリッと冷やしたシャンパンや白ワインが欲しくなりますね。

安定のおいしさのガーリック

Photo by muccinpurin

肉も魚も野菜も、とにかくおいしくしてくれる魔法のような食材・にんにく。もちろん、さばもおいしく仕上げてくれました。3種類のなかではもっとも香りが強く、混ぜているそばから食欲をグイグイと刺激してきます。 ちょっぴり刺激強めですが、一度食べるとクセになる味わいです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS