マットな黒が料理を引き立てる。「96KURO」で食卓を格上げ!

マットな黒色が美しい、器とカトラリー。陶器や漆に見えるかもしれませんが、実はステンレスなんです。金属そのものの色を変色させる「黒染め」という技術から生まれたテーブルウェアブランド「96KURO」のアイテム。シックで高級感があるので、お正月にスタイリングにも役立ちそうです。

2019年11月29日 更新
この記事は、私らしく、もっと輝く。 - ライフスタイルマガジン「Sheage」の提供でお送りします。

「黒染め」の技術を活かした、特別なテーブルウェア

「96KURO」は、金属加工を中心としたものづくりが盛んな新潟県三条市にある、テーエムによるテーブルウェアブランドです。50年以上培ってきた、金属の「黒染め」技術を応用したステンレスのアイテムを展開しています。
錆びにくく丈夫で、耐熱性もあるステンレスですが、丈夫で使い勝手がいい反面、いかにも金属らしい光沢感にちょっぴり冷たい印象を覚える方もいるのではないでしょうか。しかし、写真右の96KUROのアイテムは、陶器や漆のようで冷たい印象を覚えません。

これこそ、テーエムが培ってきた「黒染め」の技術が為せる技。

黒染めとは、防錆力を高めたり光の反射を抑えるために、金属の表面を変色させる染色技術で、ステンレスに対して使用すると落ち着いた風合いに変化するんです。塗装のように剥げてしまうこともないので、気兼ねなく使うことができますよ。

しかも、塗料を使っておらず、不要になったらそのままリサイクルできるので、エコを意識する方にもおすすめです。

料理をさりげなく引き立てる

96KUROは昨年、プレート3種・タンブラー1種の販売からスタートしました。そしてこの冬、新たにカトラリーが登場。食卓に欠かせない、ケーキフォーク・ティースプーン・ブイヨンスプーン・デザートフォーク・デザートスプーンの5種類が揃います。
マットな質感で上品な黒色のカトラリーは、料理を美しく見せてくれます。また、シリーズのプレートやタンブラーと一緒に使えば、食卓はぐっとモダンな印象に。木製のアイテムや陶磁器にも合うので、毎日使いやすく、さまざまなテーブルコーディネートを楽しめますよ。

普段使いにもパーティーシーンにも活躍

96KUROのカトラリーや食器は、全国各地のインテリア雑貨店やライフスタイルショップでも取り扱われており、公式オンラインショップからも購入することができます。

料理を美しく見せてくれる黒いテーブルウェアは、普段使いにはもちろん、ホームパーティーにもおすすめです。クリスマスやお正月など、人が集まる機会が多くなる時期を前に、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。
writer / 凪 photo / 96KURO
※ 当記事のテキスト・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
提供元:
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Sheage(シェアージュ)

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう