ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

ステーキ皿の魅力

お肉がおいしく見える

ステーキ皿の最大のメリットは、お肉がおいしそうに見えること!木製プレートに鉄板が乗っかった本格的なビジュアルは、盛り付けるだけで料理のおいしさを引き上げてくれます。 鉄板部分をコンロやオーブンでアツアツの状態にし、そこに焼き上がったお肉をオン。すると、お肉はソースと一緒にジュージューと音を立てて湯気を上げ、おいしそうな香りがプーンと……。お肉のおいしさが臨場感たっぷりに迫ります! 味覚だけでなく目と耳、嗅覚と、五感をフルに使ってお肉を楽しめる……これがステーキ皿を使う最大のメリットかもしれません。

熱い状態をキープできる

ステーキ皿の素材は、多くの場合「鉄製」。熱源を使ってアツアツの状態にでき、しかもその状態をキープしやすいので、料理を温かいまま楽しむことができます。 せっかく上手に焼き上げたステーキも、時間の経過とともに冷めてしまうと満足感は下がるもの。おいしい状態をできるだけ長く楽しみたいなら、ステーキ皿を使うのがおすすめです。

ステーキ以外の料理にも使える

ステーキ皿はステーキを焼くときだけに使う……と決めつける必要はありません。たとえば豚の生姜焼きや鶏の照り焼き、チャーハンなど定番メニューも、ステーキ皿に盛り付けると一気に豪華な印象になります。 また、料理を盛り付けるだけでなく、鉄板そのものを使って料理をすることだってできちゃうんです!ステーキ皿の形にもよりますが、コンロやオーブンで調理をして、アツアツのまま食卓に出す……なんてこともできますよ。 焼きうどんや山芋鉄板、昔懐かしの鉄板ナポリタンなど、ステーキ皿だからこそ映える料理も楽しめます!

ステーキ皿のサイズ

ステーキ皿のサイズは外寸で測られていることも多く、購入後に開封してみたら「意外と小さかった」ということもあります。お肉はのせられたけど付け合わせが盛り付けられなかった……ということにもなりかねません。 そのため、サイズ選びに迷った場合は、なるべく大きいサイズの商品を選ぶと安心ですよ。はじめての場合は余裕を持って、ステーキ皿のサイズが20cm以上のものを選ぶのがおすすめ。 また、麺類などステーキ以外の料理にも使いたい場合は、幅25cm以上の普通よりひとまわり大きなサイズを選ぶのが吉!そちらなら、余裕を持って使用できるでしょう。

熱源をチェック!

IH対応

ステーキ皿を購入するときは、ご家庭の熱源に合わせたタイプを選ぶのが肝心!ステーキ皿は鉄製で、ほとんどのものはガス火に対応した製品です。IH対応のステーキ皿は、まだまだ数が限られているので注意が必要でしょう。 もしもご家庭のコンロがIHの場合は、その製品がIH対応しているかどうかをチェックしてください。IH対応かどうかは、ほとんどの場合商品情報に明記されています。購入の前には、そちらをしっかりと確認するとよいでしょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS