リコピン

リコピンは、赤色やオレンジ色の天然の色素成分のひとつで、β-カロテンの仲間です。 抗酸化作用があり、同じ作用を持つビタミンEの100倍以上といわれています。さらに悪⽟コレステロールの酸化をふせぐことで、⾎流を改善する作用があるとされています。それによって代謝の改善も見込まれるため、肥満も予防できるといわれています。(※9) リコピンは加熱すると吸収率が高まるといわれています。リコピンを効率的にとりたいという方は加熱してトマトソースにしたり、カレーやスープなどと一緒に煮込むのもいいですね。(※10)

ダイエット中にミニトマトを食べるなら

食べる量

リコピンの摂取量は具体的には決められていませんが、20mg程度といわれています。これはミニトマトでいうと約17個分相当になります。(※11) ミニトマトはひとくちサイズなためついつい口に運んでしまいがちですが、一度に多く食べるとお腹を壊したり、体を冷やしてしまう可能性があります。食べ過ぎや、一度に多く食べることは控えましょう。

食べる時間

ミニトマトはカロリーは低めですが、それでも気になるという方は、活動量の多い朝や日中にお菓子の代わりにおやつとして食べたり、サラダや副菜として食べるのがおすすめです。 特にミニトマトに含まれるリコピンは、朝食べると吸収率がアップするといわれています。忙しい朝でもミニトマトなら手間もとらずに食卓に用意できるのでいいですね。(※10)

トマトの栄養を知ってダイエットの味方につけよう!

トマトの栄養というと真っ先にリコピンが思い浮かびますが、実際には美肌作りや便秘解消に欠かすことのできない栄養素も多く含まれていることが分かりました。ミニトマトは持ち運びにも便利なため、お菓子の代わりとしておやつに食べれば大幅なカロリーをカットすることもできますよ。トマトの栄養を知って、ダイエットの味方につけましょう。
(2019/11/25参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS