痩せる食事 VS 太る食事!メニューや食べ方の違いは?

ダイエットに挑戦している方にとって大変なのは、食事の管理ですよね。食事のメニューや食べ方は、ダイエットに大きく影響してきます。この記事では、痩せる食材の選び方やメニューの作り方、食べ方を解説します。

2019年10月17日 更新
この記事は、健康・美容の情報メディア 「ケアクル」の提供でお送りします。

痩せる食事とは

ダイエットを成功させるには、食事の管理はとても大切です。運動をしてがんばってカロリーを消費しても、その後の食事でカロリーを摂りすぎてしまっては、ダイエット効果は現れません。

また、食事制限によるダイエットはたくさんありますが、無理な食事管理するとストレスによる反動がありますので、要注意です。

ここでは、無理なく食事ダイエットをするためのポイントを3つご紹介します。

1. 野菜を多く食べる

野菜は食べた時に歯ごたえがあり、よく噛むので、ダイエットに向いています。特に、ゴボウやレンコンなどの根菜類は、歯ごたえもあり、お通じを良くする食物繊維も豊富なので、おすすめです。

さらに、季節の旬の野菜を食べれば栄養価も高く、健康的にダイエットができます。ダイエットで食事制限をすると、空腹感を感じることが多いです。そういったときは、安価でカロリーも低いもやしなどの野菜を食べると良いでしょう。

2. 栄養バランスを考える

『リンゴダイエット』や『バナナダイエット』など、一つの食材だけを食べるダイエットがあります。しかし、一つの食事だけを食べ続けたり、無理な食事制限を行ったりすると、栄養のバランスが著しく崩れてしまいます。

タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルをバランス良く摂ることが大切です。
特に、カルシウムやタンパク質は不足しやすいので、しらすや納豆などで補いましょう。

3. タンパク質を摂る

ダイエットは食事だけでなく、運動も合わせて行うと効果的です。筋トレをして筋肉に負荷をかけた後、タンパク質を摂ることにより、筋肉がつきやすくなります。筋肉がつくと、基礎代謝が上がり、痩せやすい身体になるのです。

タンパク質といえば、鶏肉や魚をイメージしますが、豆類にも多く含まれています。豆類は繊維質も豊富で、便通も良くなるので、おすすめのタンパク源です。

おすすめのダイエットメニュー

食事には、痩せるメニューと太るメニューがあります。痩せるメニューは、低カロリーで栄養のバランスが整っており、食べごたえなどがあるものです。

バランス良く健康的にダイエットするためのおすすめメニューは、『野菜と豆のスープ』です。
お好みの野菜に加え、レンズ豆や大豆などの豆類を入れると、タンパク質を効率よく摂取できます。また、温かいスープを食べれば、代謝アップや冷え性の改善も期待できます。

太る食事とは

太る食事の典型は、高カロリーで糖質や脂質が多く含まれたものです。当然のことですが、消費するカロリー以上に摂取するカロリーが多ければ、痩せることはできません。

ここでは、太りやすい食事の特徴を4つご紹介します。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ケアクル

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう