いつからお酢ダイエットで効果が得られるのか

内臓脂肪や腹囲、体重などが減るには、お酢を継続的に摂る必要があります。また、数値に変化が表れるまで、12週間ほどかかることが明らかになっています。お酢ダイエットをはじめてすぐに変化を感じられるわけではないので、長期間続けることが大切です。

また、お酢ダイエットをおこなっている間に体に異変があった場合は、すぐに中止しましょう。体調に無理のない範囲で、お酢を取り入れてくださいね。(※5)

ダイエットに使う酢の種類

お酢ダイエットをおこなう際は、どんなお酢を飲んでもOKです。お酢にはたくさんの種類があり、一般的に料理に使われているのは穀物酢や米酢、黒酢など。すし酢は酢の物や和え物に、米酢は酢飯やマリネなどに使われるのが一般的です。黒酢は飲み物やスイーツにも使えます。

りんご酢やぶどう酢などの果実酢は牛乳で割ると、酸の作用で少し固まります。とろっとしてデザートのように食べることができますよ。好みによって使い分けてみてくださいね。

お酢ダイエットの注意点

胃や食道に負担をかけることも

お腹がすいているタイミングでお酢を飲むと、胃に負担がかかる場合もあります。食事と一緒に飲むか、食後に飲むのがおすすめです。

また、お酢を飲んでそのまま寝ると、歯が溶けやすくなるおそれが。飲むタイミングに気を付けたり、お酢を飲んだあとに口をゆすいだりして対策しましょう。(※9,10)

偏ったダイエットはしない

お酢ダイエットは、普段の食生活の中に無理なくお酢を取り入れるダイエット方法です。お酢をたくさん飲むほど痩せる、というわけではありません。

前述した通り、お酢ばかり摂るようなダイエットをおこなうと、体調不良につながるおそれがあります。主食・主菜・副菜のそろったバランスのよい食事を基本として、お酢ダイエットを続けていきましょう。(※1)

お酢を使うダイエットにおすすめのレシピ5選

1. きゅうりとわかめの酢の物

Photo by macaroni

きゅうりとわかめを甘酢で和える、定番の酢の物です。シャキシャキとした食感で、よい箸休めになりますよ。

きゅうり100gあたりのカロリーは13kcal、わかめは17kcalです。いずれも低カロリーな食材なので、お酢ダイエット中にぴったり。(※11)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ