ドリップポットを使ったコーヒーの淹れ方

用意する道具

・ペーパーフィルター ・ドリッパー ・サーバー ・細口ドリップポット ・メジャースプーン ・カップ&ソーサー

材料

・お湯 ・コーヒー コーヒー使用量の目安 1杯分:10~12g 2杯分:20g前後 3杯分:25~30g前後 4杯分:35~40g前後

手順

1. お湯を沸かす。道具はあらかじめ温めておく

Photo by UCC

おいしいコーヒーを淹れるためには、提供時の温度がとても大事です。飲み頃の温度で抽出できるように、抽出器具やカップ、ソーサーなどをあらかじめ温めておきましょう。 お湯はくみたての水道水などを沸かして用意します。沸騰したら火をとめ、表面のポコポコした泡がおさまるまで落ち着かせましょう。この状態が抽出に理想的な温度(95℃前後)です。

2. ペーパーフィルターをドリッパーにセットする

Photo by UCC

ペーパーフィルターの底の接着部分を外側に折り、側面の接着部分を内側に折り込みましょう。それをドリッパーに軽く押さえつけるようにしてセットします。

3. フィルターにコーヒー粉を入れる

Photo by UCC

メジャースプーンでコーヒー粉をすくい、フィルターにコーヒー粉を入れます。つぎにドリッパーを軽く振り、粉の表面を平らにならしましょう。こうすることで、全体にムラなくお湯を注げるようになります。

4. コーヒーを蒸らす

Photo by UCC

つぎにおこなうのが、おいしいコーヒーを淹れるために必須の作業である「蒸らし」。はじめにコーヒーに少量のお湯をそっとのせるように注ぎ、粉全体に均一にお湯を含ませます。ここで20秒ほどそのままにして蒸らしましょう。 ここで注ぐお湯の量は20cc程度で、温度は95℃前後が適温です。サーバーにお湯がポタポタと数滴落ちてくるのを目安にしましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS