ミル付きだから簡単おいしい♪ おすすめコーヒーメーカー7選

おいしいコーヒーを朝から毎日飲みたい方も多いはず。けれども、本格コーヒーを朝から作るのって結構面倒ですよね。そこで今回は簡単においしい本格コーヒーが楽しめるミル付きコーヒーのおすすめ商品7つをご紹介♪あなたも朝から優雅なコーヒータイムを楽しみませんか?

2019年8月26日 更新

ミル付きコーヒーメーカーとは

ミル付きコーヒーメーカーとは、豆を挽くためのミルがコーヒーメーカーに搭載されていて、自動的にコーヒーが簡単に作れます。インスタントコーヒーのように気軽に挽きたてのコーヒーが楽しめるので人気です。

ミル付きコーヒーメーカーのメリットはなんといっても挽きたてのコーヒーが毎日楽しめることです。缶コーヒーやインスタントコーヒーに比べると香りが豊か。

コーヒーが好きで毎日楽しみたい方や大人数でコーヒーを飲みたい方にはおすすめ!

ミル付きコーヒーメーカーを選ぶときのポイント

形状タイプ

ミル付きタイプ

お手頃価格のものはプロペラ状の刃を高速回転させて豆を粉砕するプロペラ式です。プロペラ状のものはコーヒー粒の大きさはバラバラ。臼式はコーヒー豆を臼のようにすりつぶすタイプでプロペラ式のものより粒がきれい。

デメリットは熱で香りが飛ぶ可能性があることです。フライトカッター式は平面の刀で豆を粉砕し、粒の均一性もあり、熱の発生が少ないですが高額です。

全自動タイプ

ミル付きコーヒーメーカーを選ぶときは全自動タイプが便利です。豆を挽くところからコーヒーの抽出までの一連の作業を自動でおこなえるので、楽にコーヒーを淹れることができます。

常に飲みたい分だけコーヒー豆が挽けるので、常に挽きたての新鮮な香りとコクが楽しめます。とくにエスプレッソが好きな方は極細挽きができるのでおすすめ!

サーバーの素材

ガラス製

ガラス製のサーバーはにおいや汚れがつきにくく、コーヒーの量が確認しやすく、お手入れしやすいのが利点です。難点は割れやすいことですが、サイズ展開は幅広いので万が一割れた場合でも代替え品を使用できます。

値段が安い分ステンレス製と比較するとコーヒーが冷めやすいです。見た目が美しいので抽出される様子もわかりやすいです。

ステンレス製

ステンレス製のサーバーは、ヒーター機能を使わずに保温ができるので、コーヒーの煮詰まる心配がありません。電気代の節約にもなるのでお財布にもうれしいですね。

ポットに氷を入れて簡単にアイスコーヒーが作れたり、ポットのみをテーブルに置くことができるので便利です。デメリットはお手入れが少なくガラス製に比べると少し大変なところです。

掃除のしやすさ

コーヒーメーカー内部のお手入れの頻度は1か月に1回程度が目安です。掃除をすることによっておいしいコーヒーを飲むことができ、故障を防いで長く使えてコストパフォーマンスがよくなるのでいいことづくめ!

日頃の掃除はコーヒー粉やコーヒー豆の残り、ポットに入ったコーヒーをきれいにすることが大事です。着脱式のものは取り外しがしやすいので掃除が簡単なものが好きな方におすすめ♪
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

saki_rin0705xx

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう