ライター : shucyan

フードアナリスト / 江戸ソバリエ / ソルトマイスター

「日本ワインを愛する会」会員。フードライターとして新聞・雑誌・ムック本などの紙媒体を始め、これまで複数のグルメサイト、SNSで執筆・情報提供を行い、日本テレビ「ZIP」、テレビ朝…もっとみる

コーヒーメーカーの選び方

ドリップ式

18世紀にフランスのブリキ職人が発明したと言われている、コーヒーの粉にお湯をかけてろ過する、とてもシンプルな方法です。ろ過するペーパーやネル(布)のお湯を注いだら落ちる湯量を調整しながら「蒸らす」ことによってお湯と粉の滞在時間を長くして味を十分に引き出すことが大切です。 一杯立てのハンドドリップのほか、コーヒーマシンによるいちどに大量の抽出も可能なので、飲食店などで広く普及している方式です。

カフェポッド・カプセルタイプ

最近人気のコーヒーマシンが、コーヒー豆の入ったカプセルをセットして抽出するタイプ。取り扱いが簡単で、始末も簡単です。水を入れるタンクが大容量のマシンは、会社など大人数にも対応でき、マシンの無料レンタルを行っているコーヒー豆の製造メーカーもあります。。 ただし、メーカーによってカプセルの互換性がないことと、コーヒー豆の分量を調整できないので、好みに合った濃さにもできません。ニーズにあった製品を選びましょう。

サイフォン式

19世紀の初頭にヨーロッパで発明された、蒸気圧を利用して下部のフラスコから上部のロートにお湯を押し上げて、高温のお湯に粉を浸漬して抽出します。香りが立ちやすく、まるで化学実験のような見た目が幻想的です。 日本では、安価なコーヒーチェーンが広がる前に喫茶の専門店では、サイフォンでコーヒーを提供するお店が数多くありました。その後にチェーン店やファミレスなどで大量に押し寄せる客をさばくためにドリップ式を中心とした全自動マシンが普及しました。

エスプレッソマシンタイプ

エスプレッソはイタリアで生まれて、北米で大きく普及した方式です。高圧力のお湯で短時間で抽出するため、雑味を出さず、そのうま味だけを引き出せるのが特徴です。瞬間的に抽出するので、微細に挽いた深炒りの豆が使われ、濃厚な風味が味わえます。 スターバックスに代表されるシアトル系コーヒーもベースはエスプレッソです。苦味の強いコーヒーに泡立てたミルクなどを使い、ラテやカフェオレなどにして飲みやすくしています。

製品仕様

容量

製品よって水を入れるタンクの容量はさまざまです。ワンカップ用からファミリーユースにはカップ4、5杯分、大きな商品になると1Lを超えるカップ10杯分という製品もあり、オフィス用としても対応できます。 コーヒーは抽出してから時間が経つと、煮詰まったり風味が落ちたりしがちです。「大は小を兼ねる」という言葉がありますが、コーヒーマシンの場合は面倒くさがらずに、できるだけ短時間で飲み切れる容量を選んでください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS